ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

問題解決は、お得意ですか?


  ◆◆エトス Weekly Press No.267 ◆2012年1月23日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成長のために〜
        http://www.ethos-net.com/index.html

◆《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.今週のテーマ: 問題解決は、お得意ですか?
  2.今週のおすすめ: 男性の見方・女性の見方は、まったく別物
  3.株式会社エトスから: 受付中のセミナー、教材、商品のご案内
  4.編集後記: 目標設定のコツは、潜在意識と副人格の統合です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2012年1年分のセミナー開催スケジュールが決まりました。
  一覧はこちらへ⇒ http://www.ethos-net.com/schedule/index.html
  いますぐ手帳で日程を確保して、キャリアアップ計画を進めて下さい

================================

◆1.今週のテーマ: 問題解決は、お得意ですか?

================================

 こんにちは、組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 さて、あなたは、「問題解決」は、お得意でしょうか?

 日ごろから、コンサルタントとして様々な企業を訪問させていただい
ていますが、その企業が伸びるかどうかを見極める際の一つのポイント
が、組織としての問題解決能力です。

 問題に対処する姿勢や取り組み方は、企業ごとに様々。
  そして、個人一人ひとりで、実に様々です。

 問題が発生すると、人は無意識のうちに、その人に特有の反応パター
ンを示します。

 たとえば、職場で問題が発生すると、こんな反応がよく見られます。

1)その問題を、見て見ぬふりをする人
2)職場で、問題が起こっていることにすら気付かない人
3)問題が発生したことを、「ケシカラン!」「ありえない!」と怒る人
4)「うわぁ、困った〜」「イヤだわ〜」と感情に流されて騒ぐ人
5)自分の立場や責任を完全に棚に置いて、その問題を面白オカシク
   おしゃべりして歩く人
6)その問題の責任を誰かに押し付け、責任転嫁するのが上手い人
7)その問題が発生したことを、懸命に隠ぺいしようとする人
8)しぶしぶイヤイヤ、その問題の鎮静にとりかかる人
9)張り切って情報収集し分析して、問題の解決に乗り出そうとする人

 あなたの職場で、こんなふうに反応している人はいませんか?

 ちなみに、あなたご自身は、どのパターンに近いでしょうか?

 実は、この反応パターンは、その人の心理傾向と業務姿勢をズバリと
物語っています。

 このパターンに応じて自動的に、次にとるべき行動や態度が決まり、
知らず知らずのうちに、あなたに対する人物評価を決めているのです。

 上の「問題発生に対する反応パターン」の例では、1番目から8番目
のタイプの人は、本人は普段から一生懸命に仕事をしているつもりでも、
上司や同僚、顧客などからは、「逃避的な人」「無責任な評論家」「頼りに
ならない」というマイナス評価をされがちです。

 この結果、「私はこんなに頑張っているのに、どうして認めてもらえな
いのか?!」と嘆いたり悩んだりすることになるでしょう。

 自分の心理傾向と業務姿勢を案外と自分では気づかず、無自覚のうち
に、自分への評価(査定)を下げてしまっているかもしれません。

 しかも、自分の心理傾向に気付かないうちは、何度でも繰り返して
同じパターンの反応を取り続けていくのです。

 ちょっと怖くなってきませんか?

 さて、どのような企業でも、「問題解決」に対する姿勢と行動が、いわ
ゆる「デキる人」「普通の人」「ダメな人」を選別する基準となります。

「デキる人」は、問題が大好き。
  問題を解決することは、ゲームのように楽しいし、解決することで
自分の実力を高め、自分の存在価値を立証することができるのです。
  だから、問題が発生すると、ガゼン張り切ります。

「普通の人」は、問題をめんどうくさいイヤなものと考えます。
  それでも、職務に対する責任感と義務感があるから、しぶしぶと対処
し、自分で何とかしようと努力します。
  ただし、問題解決能力が低ければ、「とりあえず謝っておく」程度の
対応しかできないので、何度もくりかえし問題に巻き込まれて、ストレ
スを増大させていきます。

「ダメな人」は、問題から逃げてしまい、上司や同僚に責任転嫁し、
その問題から目をそむけます。「私とは関係ない」と言うのです。
  だから、永遠に問題解決能力が高まらないので、退屈なルーチン業務
ばかりを担当させられ、責任のあるヤリガイのある仕事を任せてもらえ
ません。

 当然、問題解決が得意な「デキる人」になれば、仕事が楽しく、些細
なことにイライラすることもなくなりますので、ストレスが溜まりませ
ん。

 ここまでは、個人の問題解決について説明してきましたが、この傾向
は、企業や組織・部署でも同じです。

 問題解決に積極的に対応する会社は、伸びる会社、利益率の高い会社。

 問題にしぶしぶ消極的に対応する会社は、知らず知らずのうちに
顧客がはなれ、売上が低下していきます。

 問題から逃避し責任転嫁する会社は、世間から非難され、重大な事故
を起こして、企業生命を脅かす事態を迎えます。

 だから、経営者はもちろんのこと、部長・課長・係長などリーダーの
立場にいる人は、徹底的に問題解決能力を高めなければなりません。

 実際に、私が担当させていただいているクライアント企業のうち、
全社員に対して徹底的に論理的思考法と問題解決技法をたたきこんで
教えている企業では、業界平均を大きく上回る成長性と利益率を達成
しているのです。

 問題解決能力は、一朝一夕の付け焼刃の勉強で高まるものではありま
せん。

 しかし、だからといって勉強を嫌がっていたのでは、いつまで経って
も問題に追いかけられ、プレッシャーとストレスに打ち負かされてしま
うキャリアとなるでしょう。

 あなたの問題解決能力は、あなたのキャリアに対する満足度や、仕事
に対する満足度と比例するのです。

 ヤリガイと面白さに満ち溢れた仕事をして、自信とワクワクを手に入
れたいと思うなら、問題解決能力を高めることをお奨めします。

 問題解決が得意になると、どのような仕事でも、ガゼン面白くなりま
すよ。

               問題解決サポーター 門田由貴子 
 
================================

◆2.今週のおすすめ: 男性の見方・女性の見方は、まったく別物

================================

 あなたが考える「優秀な人」とは、どのような人でしょうか?

 この質問をすると、男性の回答と、女性の回答では、驚くほどの違い
が見られます。

 つまり、同じ会社であっても、男性が考える「優秀な人」と、女性が
考える「優秀な人」は、まるで別物なのです。

 ということは、あなたの上司が男性なら、
「男性上司が期待する優秀な人の条件」を知っておかなければ、
高い評価(人事考課)はおろか、いい仕事を任せてもらえるチャンスす
ら手に入れることができません。

 あなたの上司が女性なら、「女性上司が期待する優秀な人の条件」を
知っておく必要があるわけですね。

 とはいえ、日本企業の経営幹部・管理職の90%以上は、男性です。

 だから、男性上司の下で働く女性社員は、自分なりに頑張っていても、
上司の期待を知らず、その期待に応えられないために、実力に見合った
評価をもらえず、昇進昇格チャンスを逃している人が多いのが実態。

 もしも、皆様の周りで、そんなちょっと不幸な女性社員がいらっしゃ
いましたら、ぜひ、こちらをご紹介してあげてください。

■2月18日(土)10:00〜19:00
  実力を認められ、高く評価される人に変身!
  女性リーダーのための、仕事術&処世術
  http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html
  【女性限定セミナー】

 仕事で自分の優秀さを発揮したい女性、もっと自己実現したい女性、
もっとヤリガイを手に入れ、組織から正式に認められたい女性のために。

 個別にかなり具体的にアドバイスをしていきますので、10名限定の
女性向けのワークショップです。

================================

◆3.株式会社エトス: 受付中のセミナー、教材、商品のご案内

================================

【セミナー、イベント】

■1月24日(火)19:00〜20:45 ★明日です!★
  論理的に考え説明することが苦手な人のための、
「これならできる!論理的思考力ベーシックコース」
  第8回【問題解決】問題を解決し、目標を実現する技術
  http://www.ethos-net.com/ronriteki/index.html
  どなたでもご参加可能。超簡単なワークで基礎をマスターできますよ。

■2月18日(土)10:00〜19:00
  実力を認められ、高く評価される人に変身!
  女性リーダーのための、仕事術&処世術
  http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html
  【女性限定セミナー】あなたのストレス源と成長課題がわかりますよ

■2月21日(火)19:00〜20:45
  論理的に考え説明することが苦手な人のための、
「これならできる!論理的思考力ベーシックコース」
  第9回【戦略思考】ビジネスモデルや戦略を策定する技術
  http://www.ethos-net.com/ronriteki/index.html
  どなたでもご参加可能。超簡単なワークで基礎をマスターできますよ。

■セミナーお申込み可能かどうかの状況は、こちらでご確認ください。
  「受付終了」と書いていなければ、お申込み可能です。
  https://www.ethos-net.com/application/index.php

■2012年のセミナー開催スケジュールは、こちらでご確認いただけます   
  http://www.ethos-net.com/schedule/index.html

【個別面談】ご希望の日時で<銀座>

■キャリア・カウンセリング
■ビジネス・コンサルティング
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
※お申し込みの際は、1週間以上先の日程をご指定ください。

【通信講座・CD】

■通信講座 「デキる人のリーダーシップ・スキル」★好評受付中!
  http://www.ethos-net.com/e-leadership/
  月々¥4,000で、実践的なスキルが身につくリーダー養成講座。
  毎月10日開講。仕事力を高めたい方に、一番のお薦めです。

■CD スキルチェックで、あなたの成長課題を明らかにする
  http://www.ethos-net.com/cd-skill/
  セミナー用レジュメ、チェックリスト付き 
  特に、幹部・マネジャー・リーダーを目指す人には必須の視点です。

■CD 会議に参加して、存在感と影響力を発揮する方法
  http://www.ethos-net.com/cd-kaigi/
  会議で、あなたは見られています。会議は最大のアピールの場。
  しっかりと意見を伝え、アピールできていますか? 

 
================================

◆4.編集後記: 目標設定のコツは、潜在意識と副人格の統合です

================================

 2012年初めの当社主催セミナーは、先週(土)AMに開催した
「目標設定&潜在意識インストール」でした。

 お蔭様で満席となり、ご参加くださった方々のアンケートを拝見する
と、ほとんどが「非常に満足」のご評価でした。

 講義のポイントは、モチベーションを上げる目標を作るコツ。
  ご質問に答えていくうちに、「イヤな上司と円満に別れられる方法」も
ご紹介しましたが、これにご満足された方も多かったようです。

 とはいえ、セミナーの一番の目玉は、顕在意識と潜在意識の統合。
そして、主人格と副人格の統合。
  かなり専門的な心理療法を用いて、
「自然に目標が達成してしまう心理状態」をインストールしました。
 
  ご参加者全員に共通した期限は、2012年12月25日。
  さて、何人から、目標を達成したというご報告が来るでしょうか?

 目標作りのコツや、心理療法を用いた潜在意識や副人格の統合は、
個別面談(カウンセリング)の中でも個別に対応しております。
ご興味がある方、お悩みがある方は、どうぞこちらへ。
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などがありました
ら、お気軽にお送りください。

 ご連絡は、当社ホームページ画面右上にある「お問合せフォーム」か
らお願い申し上げます。
  http://www.ethos-net.com/index.html

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆エトス Weekly Press No.267◆2012年1月23日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成長のために〜

発行元: 株式会社エトス
      http://www.ethos-net.com/index.html

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

※配信登録・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

  (C)Copyright 2012, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エトス・メニュー