ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

人間関係を棚卸してみませんか?


  ◆◆エトス Weekly Press No.242◆2011年6月27日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成長のために〜
        http://www.ethos-net.com/index.html

◆《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.今週のテーマ: 人間関係を棚卸してみませんか?
  2.今週のお薦め: 「見えない壁」と戦っている女性のために
  3.株式会社エトス: 受付中のセミナー、教材、商品のご案内
  4.編集後記:    初夏の軽井沢は、快適で楽しかったです  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 猛暑が続いたかと思えば、上着が必要な涼しさ…。

 気温の上下差で、体調を壊さないように、お気を付け下さい。
 

================================

◆1.今週のテーマ: 人間関係を棚卸してみませんか?

================================

 こんにちは。組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 前号で、私の友人でもある、「ある経営者」がふともらした独り言を
ご紹介させていただきました。

 ※ 前号の内容は、こちらでご確認いただけます。
http://www.ethos-net.com/newsletter/newsletter_241.html

 彼の独り言を見て、あなたは、どのように感じたでしょうか?

 さて、彼の独り言から、私は、実に様々な「教訓」を学ばせていただ
きました。

 その一つが、「日頃から付き合う人」を見直す必要性です。

 ひとことで「付き合う人」と言っても、その内容はまちまち。
 
  ですから、まずは、「日頃から付き合っている人」を分類してみるこ
とから始めましょう。

(1)家族や親族など

(2)上司・同僚・部下など、仕事の都合で、イヤでも付き合わなけれ
    ばならない、しかも、毎日のように顔を合わせる人たち

(3)顧客や取引先など、ビジネス/業務の必要から付き合っている人

(4)昼休みやアフター5、土日など、プライベートな自由時間に多く
    の時間を共有している人たち (いわゆる友人)

(5)小中高校・大学の同窓生や、地元の友人など、頻繁には会えない
    けれど、大事な友人 (いわゆる旧友)

(6)自分の意志で、意図的に会いに行っている人たち。
    メンター、師匠、習い事の先生、カウンセラー、アドバイザーなど。

(7)その他 (職業や地位に応じて、事情は様々)

 

 この中で、(1)家族・親族は、自分の意志では選べない人ですね。

 何があろうと、生きている限りは、関係は断ち切れません。
  ぜひ、うまく付き合っていきましょう。

 

 それに対して、(2)以降は、ある程度、コントロールが可能です。

(2)職場の関係者、(3)顧客/取引先は、ほとんどの社会人は、自分
個人の勝手な好みや意志で、相手を選ぶことはできないでしょう。

 しかし、その相手と「どのような付き合い方をするか?」は、誰に
とっても、自分の自由意志で、ある程度コントロール可能な人たちです。

 たとえば、あなたが望むなら、仕事上の立場を超えて、深く濃密な
お付き合いをしようと思えば、それも可能でしょう。

 せっかくのご縁を活かそうと思うなら、
「教えていただく先生役」と思って、相手から様々な知識や経験を学ぶ
こともできるはず。

 反対に、「仕事だから」と割り切って、淡々と事務的に、最低限の
付き合いに限定していくこともできるでしょう。

 「波風立てずに、大人の付き合いをする」という割り切り方もOK。

 いっそのこと、嫌いな人なら、「反面教師」とするのも一手。

 

 こう考えてみれば、相手との付き合い方は、自分の自由意志です。

 もっとその相手に、時間やエネルギーをかけるべきか?
  反対に、相手のために費やす時間やエネルギーを減らすべきか?

 もっと相手に、積極的に働きかけるべきか?
  反対に、相手から受ける影響を最低限に抑えるべきか?

 相手との心理的距離感も、調整可能なものです。

 心理的距離を近づけて、もっと相手と心で許しあえる、共感の関係に
なって近づくか?
  心理的距離を遠ざけて、淡々とした表面的な付き合いだけにするか?

(2)職場の関係者、(3)顧客/取引先とは、いくら相手が嫌いでも、
自分の好みで「付き合わない」「絶縁する」というわけにはいきません。

(ビジネス戦略的には、選別/絶縁もアリですが)

 
  しかし、(4)〜(7)のカテゴリーの人に対しては、もっと多様な
選択肢もあります。

 いっそ、付き合いを断ち切ってしまうことも可能。

 わざわざ絶縁宣言をする必要はありませんが、「合わない」「付き合わ
ない」「時間もお金もかけない」という選択は可能です。

 年賀状や冠婚葬祭など、社交上の「儀礼的なお付き合い」にとどめる
という手もあります。

 反対に、そのご縁を見直して、もっと密度高く付き合って、頻繁に
会いにいき、親交を深めることも可能。

 つまり、極論すれば、人間関係をどうするか?は、自分自身の意志で、
どうにでもなるテーマです。

 

 ところが、社会人にとっての悩みのワースト1は、人間関係。

「上司が〜〜だから、私は〜〜な目に合っていて、困っています」
「お客さんのせいで、〜〜になって迷惑しています」
というようなご相談をいただくことがあります。

 かつては、私自身も同じ悩みを抱えていましたから、よくわかります。

 会社員をしていたころは、トンチンカンな上司のおかげで、どれだけ
怒ったり嘆いたりしていたことでしょう。

 部下を持ってみれば、デキの悪い部下に足を引っ張られ、重荷に感じ
たこともあります。

 いま冷静に振り返ってみれば、かつての私は、人間関係のコントロール
権限を完全に放棄して、相手に振り回されていただけだったのです。

 ですから、まずは、自分の意志で、相手との付き合い方を、きちんと
冷静に見つめ直しましょう。

 しっかりと自分の意志をもてば、人間関係は、自分の理性の力で、
コントロール可能なものに変わるのですから。

 心理的に、近づくか? 遠ざかるか? 

 接する時間を、増やすか? 減らすか?
 
  もっと共感する範囲を、増やすか? 減らすか?

 相手のためにかけるエネルギーを、増やすか? 減らすか?

 相手との交際にかかる費用を、増やすか? 減らすか?

 接触頻度・回数を、増やすか? 減らすか?

 

 それは、ほとんどの場合は、あなたの自由意志によります。

 自分の人生は、自分が主役でありたいですよね?

 当然、あなたの人生は、あなたが主役ですよね?
 
  間違っても、他人から振り回されているうちに、一生が終わるような
ことには、したくないものです。

 だからこそ、そのためには、人間関係に対する方針や優先順位、
自分の時間やエネルギーの配分表をしっかりと作るべきだと思います。

 

 誰と付き合うか?

 どのように、付き合うか?

 どの程度に、何を目的に、付き合うか?

 それは、私たちすべての人に許されている、人間関係の権限です。

 ゆめゆめ、自分のコントロール権を、他人に明け渡すようなことの
ないように、気を付けましょう。

 そして、「○○さんが〜〜だから」という具合に、他人をイイワケに
することも止めたいものです。

 ぜひ、皆さんも一度、ご自分の人間関係を棚卸して、冷静に考えて
見てください。

 
  少なくとも、今よりも、人間関係に絡む悩みやストレスは、軽減でき
るようになると思いますよ。

 

 「ある経営者の独り言」から感じたこと、学んだことについては、
またいずれ、気が向いたときに続きを書きたいと思います。

 では、また来週に。

                        門田由貴子

================================

◆2.今週のお薦め: 「見えない壁」と戦っている女性のために

================================

 いま、企業の中で、心身ともに苦労が絶えないのが、女性リーダー。

 なぜ、彼女たちは、そんなに苦労が多いのでしょうか?

 その理由の第一が、「組織のルール」を知らないことです。

 ここで言っている「組織のルール」とは、出社時刻や就業時間、休暇
を取得する方法などではありません。
  そんな小さなことは、いわゆる「就業規則」なので、別次元。

 

 官公庁や民間企業のほとんどが、実態として男性優位の男性社会であ
り、男性の発想で運営されている組織です。

 ということは、そういう男性優位な組織で、うまく上司や部下と付き
合っていく方法、自分自身の強みをアピールする方法、組織の不文律と
なっている暗黙のルールに沿った職場での言動、というものが存在しま
す。

 たいていの女性は、それを、誰からも教えてもらえません。

 そんな「不文律の職場のルール」など、就業規則には書けませんし、
人事部も公式に教えてくれるわけがありません。

 しかし、現実的な昇進昇格や人事考課などは、その「不文律の職場の
ルール」にもとづいて行われています。

 だから、本当にデキる女性は、その「組織のルール」を熟知していて、
そのルールに沿って自分をアピールすることが巧いので、管理職にも
幹部にも昇進して、自己実現していきます。

 

 組織の中で、うまく自己実現できる女性もいれば、見えない壁の前で、
何が問題なのかもわからないまま、無為に努力と時間を浪費している
女性もいますね。

 その唯一の違いは、「組織のルール」を知っているか、いないか、だけ。

 たいていの問題は、そのルールを知って理解するだけで、解決もでき
てしまうものです。

 知っているだけで、得すること。
  知らないから、知らず知らずのうちに損していること。

 この世の中には、そういうモノが多々ありますよね?

 「知っている」それだけが、決定的の違いになることが多いのです。
 

 もしも、それを知りたいと思われた女性は、ぜひご参加ください。

 あるいは、皆様方の周りで、頑張っている割に不幸で、悩める女性が
いらっしゃいましたら、ぜひご紹介してあげてください。

■7月2日(土)10:00〜19:00<銀座>【女性限定】
  実力を認められ、高く評価される人に変身!
  「女性リーダーの仕事術&処世術」
  http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html

 企業内研修だと2日間のプログラムを、ギューっと濃縮して、1日で
お伝えいたします。

 ※今年は、これが最後のチャンスです。
   同一内容のセミナーは、次回は2012年の予定です。

 ※間もなく受付終了となりますので、お急ぎください!

================================

◆3.株式会社エトス: 受付中のセミナー、教材、商品のご案内

================================

【セミナー、イベント】

■〜6月30日(木)まで【音声ファイル(MP3)配信】 ★締切迫る★
  東北関東地震 被災者支援チャリティセミナー
  これからの日本、これからの生き方
  〜大変革期に、充実して生きていくために〜
  http://www.ethos-net.com/charity-onsei/index.html

■7月2日(土)10:00〜19:00<銀座>【女性限定】
  実力を認められ、高く評価される人に変身!
  女性リーダーの仕事術&処世術
  http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html

■7月11日(木)19:00〜20:45<銀座>
  これならできる!論理的思考力ベーシックコース
  第3回【伝達の型】上司が喜ぶ報連相、イライラさせるホウレンソウ
  http://www.ethos-net.com/ronriteki/index.html

■7月16日(土)13:00〜19:30<銀座>
  ビジネスに活かす!実践ホロスコープ解読集中講座
  〜人の性格・能力・適職をズバリと見抜く方法〜
 http://www.ethos-net.com/horoscope/index.html

【個別面談】ご希望の日時で<銀座>

■キャリア・カウンセリング
■ビジネス・コンサルティング
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
  大震災以後、ご自身の生き方・仕事のあり方を見つめ直す方が増えて
いるようで、個別面談のお申込みが急増しています。

【通信講座・CD教材】

■通信講座 「デキる人のリーダーシップ・スキル」
  http://www.ethos-net.com/e-leadership/
  毎月10日開講。月々¥4,000で、実践的なスキルが身につくリーダー
  養成講座。キャリアアップしたい方にお薦めします。

■CD スキルチェックで、あなたの成長課題を明らかにする
      〜「選ばれる人」になるために〜
  http://www.ethos-net.com/cd-skill/index.html
  セミナー用レジュメ、チェックリスト付き 
  特に、幹部・マネジャー・リーダーを目指す人には必須の視点です。

■CD 会議に参加して、存在感と影響力を発揮する方法
  http://www.ethos-net.com/cd-kaigi/index.html
  会議で、あなたは見られています。会議は最大のアピールの場。
  しっかりと意見を伝え、アピールできていますか? 

■CD 幸せに成長する人の、ココロとアタマの使い方
      〜少しの変化で、大きな差がつく34の習慣〜
  http://www.ethos-net.com/cd-evening1/index.html
  一番売れています。小さな積み重ねで、着実に成長してください。 
  
■CD ストレスを手放して、心の平安を手に入れる方法
      〜「本当のあなたの人生」を取り戻す第一歩〜
  http://www.ethos-net.com/cd-stress/index.html
  2012年のアセンション前に、お急ぎください。
  現在の在庫分がなくなり次第、完売となります。
 
 
【お薦めツール】

■22日間アバンダンス・プログラム ★売れています!
  http://www.ethos-net.com/abundance/index.html
  1日30分、自分の心と向き合うセルフ・カウンセリング・セット。
  22日間で、あなたが望む豊かさを手に入れるココロの秘薬です。

■エトス特選ギフトセット  
  http://www.ethos-net.com/giftset/
  プレゼントにご好評です! セットでなく単品でも発送可能です。

■才能と可能性を開花させる「ウルトラカード」赤/青 
  http://www.ethos-net.com/ultracard/index.html
  デスクの中の必需品。アイディアが詰まった時に、気分を変えたいと
  きに、新たな発想のヒントが満載です。

詳細は、ホームページでご確認ください。
  http://www.ethos-net.com/

================================

◆4.編集後記: 初夏の軽井沢は、快適で楽しかったです

================================

 この土日は、軽井沢にある恩師の別荘に行ってきました。

 恩師からは、土日連続で、実にさまざまなお話を伺うことができて、
「教養」というものの一端を垣間見ることができました。

 初夏の軽井沢。さすがに、気温は灼熱地獄の東京とは比べ物にならな
いほど涼しく、快適に過ごさせていただきました。

 しかし、別荘は、自分で所有したり管理したりするのは大変です。

「他の人の別荘に呼んでいただくのが、お気楽でイチバンかな?」
な〜んて思うのは、別荘を持っていない庶民の見栄でしょうか…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などがありました
ら、お気軽にお送りください。

 ご連絡は、当社ホームページ画面右上にある「お問合せフォーム」か
らお願い申し上げます。
  http://www.ethos-net.com/index.html

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆エトス Weekly Press No.242◆2011年6月27日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成長のために〜

発行元: 株式会社エトス
      http://www.ethos-net.com/index.html

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

※配信登録・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

  (C)Copyright 2011, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



エトス・メニュー