ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

あなたの「頑張りどころ」は?

  ◆◆エトス Weekly Press No.205◆2010年9月13日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
        http://www.ethos-net.com/index.html

◆《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1.今週のテーマ: あなたの「頑張りどころ」は?

 2.今週のオススメ: 幹部・管理職として活躍したい女性のために! 

 3.今週のオススメ: 2日で、問題解決能力を手に入れませんか?

 4.株式会社エトス: 受付中のセミナー、サービスいろいろ

 5.編集後記: 私は毎年コレで、「秋」の気配を感じています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1.今週のテーマ: あなたの「頑張りどころ」は?

 こんにちは、組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 企業にコンサルティングに入っても、個人向けのキャリア・カウンセ
リングでも、共通してある「問題」がよく見受けられます。

 それは、「頑張りどころ」がズレている人たち。

 

 基本的に、お会いする人の誰もが、一生懸命に仕事をしていて、
頑張っています。みんな、良かれと思って、最大限に努力をしています。

 遊んでいるわけではないし、真剣みが足りないわけではありません

 ただ、残念なことに、彼らは、頑張っても、いくら努力をしても、
結果が出ない。報われない。褒めてもらえない。利益につながらない。

 そして、ふと、こう思うわけです。

「こんなに必死に、長時間、真剣に頑張っているのに、
   どうして、望んだ結果が手に入らないのだろうか・・・?」と。

 皆様の周囲には、こんなタイプの人はいませんか?
 
  ちなみに、このタイプの人が頑張れば頑張るほど、周囲の人々は迷惑
し、困っていることをご存知でしょうか?

 

    ***

 いくつか、具体例を挙げてみましょう。

(1)最近、管理職に昇進したAさん

 以前は上司から「仕事が早い、丁寧だ」と褒めてもっていたAさん。

 管理職になると、ご自身で何をすべきかを考え、方針を決めて、部下
に指示をだすべき立場です。
  しかし、Aさんには、自分自身の意見やポリシーがありません。

 従来どおりに、自分の分担をこなそうと、必死に頑張っていたら、
ある日、上司と部下の両方から「管理職として役に立たない」と糾弾さ
れ、ついに次の定期異動で降格される破目に・・・。

 当然、管理職になったら、それまでとは「頑張りどころ」が違って
きて当然なのに、Aさんにはそれが分かっていなかったのです。

 

(2)管理職を目指しているBさん

 Bさんは、早朝から深夜まで、誰よりも長時間、仕事をしています。

 婚活もせず、遊びにも行かず、友人と飲みにいかず、ただひたすら、
「会社のため」「昇進のため」に仕事をしていました。

 しかし、今年も、Bさんは昇進の推薦をもらえませんでした。

 話を聞いてみると、Bさんにとって「頑張る=自己犠牲」。

 仕事のためという名目で、ムリをして、我慢することが、頑張って
上司から認めてもらうことだ、と考えています。

 しかし、それは、会社にとっては迷惑な話です。

 Bさんがどんなに自己犠牲したところで、会社にとっては少しも
メリットがないのですから。
  会社は、Bさんに自己犠牲ではなく、担当業務で成果を出すことを
望んでいるのです。

 Bさんは、仕事で「成果を出す」ということの意味が、根本的に分
かっていないようでした。
  そのため、「頑張りどころ」が完全にズレていたのです。

 

(3)職場いちばんのベテランCさん

 その職場では、Cさんがいちばんの年長者で、経験も長い専門家。 
  それなのに、後輩達は、次々にCさんを追い越して昇格していきます。

 どうして、Cさんは、認められないのでしょう?

 それは、Cさんの仕事のスタンスにあります。

「上司から指示されたことは、何でも自分1人で抱え込んで、1人で
  必死に努力し、完成させる」というやり方です。 

 Cさんは、上司から見れば、「部下を使えない人」であり、
「組織というものを分かっていない、独りよがりの困った人」なのです。

 それなりの年齢になれば、考えるべき範囲や対象が徐々に拡大してい
くものです。

 部下や後輩がいれば、いかに彼らをうまく使うか?がリーダーとして
問われていきます。

 それなのに、Cさんは、職場の中でも常に「自分1人の世界」で、
悲壮感を持って、孤独に戦い続けています。

 これで「頑張っている」と言われても、誰もそうは思わないでしょう。

 

(D)競合に負けないように必死なD社

 D社には、長年のライバル企業E社があり、毎日のようにE社と張り
合う目標を立て、E社を打ち負かすために、必死に働いてきました。

 しかし、一歩下がって見てみれば、D社・E社を含めた業界そのもの
が、完全に斜陽産業。類似製品は、台湾・韓国・中国から、はるかに安
い価格で提供されているため、D社・E社ともに存在は風前の灯。

 すぐ近くのライバル会社を意識して戦っている間に、グローバル社会
ではとっくの昔に負け組みに転落していることに、気付けませんでした。
 
  これでは、企業の目標も戦略も、すべてズレまくりです。
  これが、「視野狭窄」の怖さです。
  

    ***

 いずれの例も、当のご本人は、良かれと思って、真剣に努力をしてい
るのです。

 しかし、「頑張りどころ」がズレている。

 ある人は、目指すべき方向が違う。目標が違う。

 ある人は、努力すべき範囲が狭すぎる。視野が狭い。

 ある人は、注力すべき対象をカンチガイしている。戦略ミス。
 
  ある人は、考えていることは正しいのに、方法や能力がミスマッチ。

 
  そのまま放置したら、この人たちはどうなるでしょう?

 場合によっては、
   ・忍耐力・持久力の限界を迎えて、ストレス性の病気に。
   ・「能力不足」を理由に、配置転換・降格・リストラの対象に。
   ・気持ちがクサってしまって、職場の問題児に。
   ・企業全体が、廃業・倒産に。

 ヒトゴトではありませんよ。

 「管理職・リーダーになれない社員」
  「部下を使えない上司・リーダー」
  「人や組織をうまく動かせない人」
  「努力しているのに、成果が出せない人・企業」は、
いくらでも、どこにでも、いるのですから。
 
 
 
  一般的に、頑張ること・努力することは、大事なことです。

 しかし、あなたの「頑張りどころ」は、的を射ていますか?
  ポイントはズレていませんか?

 どうぞ、頑張る前に、チョッと考えてみて下さい。

 あなたが注力しているポイントは、本当に上司や顧客が望んでいるこ
とでしょうか?

 あなたの努力は、会社全体の利益につながっていますか?

 あなたの「頑張りどころ」は、充分な範囲をカバーしていますか?

 あなたの「頑張りどころ」は、目標達成の戦略と合致していますか?

 あなたの「頑張りどころ」は、あなたが望む職位に合っていますか?

 

 もしも、あなたが「努力の割に成果が出ない」と思っているのなら、
きっと、どこかがズレているのです。

 そのズレは、早く気付ければ、早く軌道修正できます。

 しかし、ズレたまま努力を続けていては、ズレはますます大きくなり、
取り返しの付かないことになってしまいます。

 ぜひ、自分の中の「ズレ」を、意識的に探してみて下さい。

 当社のセミナーやワークショップも、その「ズレ」に気付くための
視点をご提供しています。

 「ちょっと最近、ヘンだな」と感じている方は、どうぞお気軽に
ご連絡下さい。きっと、何かお手伝いできると思いますよ。

 
              組織変革コンサルタント  門田由貴子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2.今週のオススメ: 幹部・管理職として活躍したい女性のために! 

 キャリア・カウンセリングにお越しになる方の中には、
「頑張りどころ」が完全にズレている方もいらっしゃいます。

 それは、どちらかといえば、男性より女性に多いようです。

 一般的に、女性社員が考える「頑張りどころ」は、幹部や管理職とし
て期待される「頑張りどころ」とは、大きく異なります。

 「違っている」というより、「全然違う」という方が、正しいかもし
れません。

 それほど、「女性が考える優秀さ」と、「男性が考える優秀さ」には
大きな差があるのです。

 そこで、組織や経営幹部が期待する「頑張りどころ」を確実に押さえ
て、組織で認められ、信頼される幹部・管理職として活躍したいとお考
えのキャリアウーマンのために、ワークショップをご用意しています。

・男性の経営幹部から、一目置かれるポイントは?
・経営幹部が期待する「頑張りどころ」とは?
・男性社会で認められるための「注意を払うべきポイント」は?
・男性と女性の、働き方・頑張り方の違い、ズレの大きさ、
・幹部として活躍するために、これから、どこに注力すべきか?
・今の「あなた」では、何が足りないのか? 

 などなどを、具体的なケースや事例を交えて、詳しくご紹介いたします。
 
  参加前に、「事前レポート」もご提出いただきますので、あなたの
個別の問題や課題とその対策が、ズバリとわかりますよ。

■10月9日(土)実力を認められ、高く評価される人に変身!

 「女性リーダーのための、仕事術&処世術」
  http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html
   ↑ 詳細はWEBでご確認ください。

 今年最後の開催となりますので、この機会をお見逃しなく!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆3.今週のオススメ: 2日で、問題解決能力を手に入れませんか?

 
  経営者やマネジャーなど、リーダーの立場にある方の仕事は、ズバリ
「問題解決」といっても過言ではありません。

 では、あなたは、問題解決は得意ですか?
  新たな問題、突発的な問題には、迅速にうまく対処できていますか?

 問題解決の巧さとスピードこそ、リーダーの手腕の発揮どころです。

 論理的に合理的に、「問題」の正体を見極めて、原因究明し、ゴール
設定し、効果的な対策を打ち出し、意思決定し、関係者すべてが納得で
きるよう説明する。

 それには、世界共通の「メソッド」があります。

 コレを知っているか/知らないか?
  それだけで、あなたの評価は、大きく差がつきますよ。

 そして何より、どんな問題にもサクサク対応できたら、あなた自身が
仕事が楽しくなり、周囲の人からの尊敬と信頼を手に入れられます。

 ですから、どうぞ1日も早く、マスターして下さい。

■10月6日(水)〜7日(木)9:30〜17:00<2日連続・銀座>

 「2日でマスターする!問題解決の黄金メソッド
   〜どんな問題もラクラク解決! 仕事も人生も思いのままに〜」
  http://www.ethos-net.com/bizpower/solution.html
   ↑ 詳細はWEBでご確認ください。

 超少人数のための、手取り足取りワークショップ&コンサルティング。 
  あなたの「問題」の具体的な解決策が、2日間で手に入りますよ。

 この次は、いつ開催できるか、予定が立っていませんので、この機会
をお見逃しなく!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆4.株式会社エトス 受付中のセミナー、サービスいろいろ

■9月16日(木)19:00〜20:45<銀座>★残席2名です!
 
    エトス・イブニング・セミナー第11回
     「人を動かす技術 <入門編>」  
http://www.ethos-net.com/ugokasu/

 部下・上司・同僚・顧客を動かす「影響力」を手に入れたい方に。
  指導力を発揮する「コミュニケーションの型」もご紹介します。

 

■10月6日(水)〜7日(木)9:30〜17:00<2日連続・銀座>

 「2日でマスターする!問題解決の黄金メソッド
   〜どんな問題もラクラク解決! 仕事も人生も思いのままに〜」
  http://www.ethos-net.com/bizpower/solution.html

 超少人数のための、手取り足取りワークショップ&コンサルティング。 
  あなたの「問題」の具体的な解決策が、2日間で手に入りますよ。

 

■10月9日(土)実力を認められ、高く評価される人に変身!

 「女性リーダーのための、仕事術&処世術」
  http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html

 管理職・リーダーになって、生涯賃金を1億円以上高める方法を、
  惜しみなく伝授しています。
  4月には、ラジオ出演して、内容の一部をご紹介いたしました。

 

■10月20日〜全6日間

 「創発リーダー養成講座」第1期クラス   
  http://www.ethos-net.com/sohatsu-leader/

 お陰様で、多くの企業からお引き合いを頂いています。
  企業での経営幹部研修・リーダー養成にも最適なコースです。

 高度な心理学と対話術で、本格的に人と組織を動かすスキルを身に
つけていただけます。

 
■通信講座 「デキる人のリーダーシップ・スキル」
   http://www.ethos-net.com/e-leadership/

 毎月10日開講。月々¥4,000で、実践的なスキルが身につきますよ。
  「添削指導コース」は、あと若干名で締め切らせていただきます。

 ビジネスリーダー養成講座です。
  キャリアアップしたい方、年収アップしたい方に、お薦めします。

■個別面談(キャリア・カウンセリング)
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html

 ご希望の日時で、「あなた」のキャリアをバージョンアップさせる
  方法を、じっくりと話し合いましょう。

■セミナーCD

「幸せに成長する人の、ココロとアタマの使い方
    〜少しの変化で、大きな差がつく34の習慣〜」
  http://www.ethos-net.com/cd-evening1/index.html
  
「ストレスを手放して、心の平安を手に入れる方法
    〜「本当のあなたの人生」を取り戻す第一歩〜」
  http://www.ethos-net.com/cd-stress/index.html
 
「会議に参加して、存在感と影響力を発揮する方法」
  http://www.ethos-net.com/cd-kaigi/index.html
 

■エトス特選ギフトセット
  http://www.ethos-net.com/giftset/
  プレゼントにもご好評いただいています。

 各種セミナーの受付状況は、こちらでご確認いただけます。
  https://www.ethos-net.com/application/index.php

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5.編集後記: 私は毎年コレで、「秋」の気配を感じています

 季節の変わり目を感じるきっかけには、いろいろなものがありますね。

 まず、いちばん早いのは、銀座オフィス周辺のブランドショップの
ショーウィンドウでしょうか。 
  外は猛暑にもかかわらず、ウィンドウの中でマネキンが着ているモノ
は、もうすっかり冬仕様です。

 そして、私が毎年、「あ、もう秋なんだ!」と思うのは、東京ディズ
ニーランドのハローウィンのCMを見たとき。

 つい先ほど、ディズニーランドのホームページを眺めていましたが、
「45歳以上の大人」のための割引チケットもあるんですね。へぇ〜。

 すいている平日を狙って、ハローウィンのディズニーを堪能してこよ
うかな? さてさて、空いている日は・・・?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様からのご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などを
ひろく募集しております。
  皆様に喜んでいただけて、お役に立てるような情報を発信してまいり
たく存じます。

 ご連絡は、当社ホームページ画面右上にある「お問合せフォーム」か
らお願い申し上げます。
  http://www.ethos-net.com/index.html

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆エトス Weekly Press No.205◆2010年9月13日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス
      http://www.ethos-net.com/index.html
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

  (C)Copyright 2010, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エトス・メニュー