ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

「1」を聞いて「10」を知る人になる

  ◆◆エトス Weekly Press No.200◆2010年8月13日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
        http://www.ethos-net.com/index.html

◆《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1.今週のテーマ: 「1」を聞いて「10」を知る人になる 

 2.今週のオススメ: 情報認識力を高める思考筋トレーニング(1)

 3.人と組織をガラリと変えたい方のための「創発リーダー養成講座」

 4.株式会社エトス: 受付中のセミナー、サービスいろいろ

 5.【エトスWeekly Press 200号記念】メルマガ読者プレゼント

 6.編集後記: 200号までの道のりを振り返って       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1.今週のテーマ: 「1」を聞いて「10」を知る人になる 

 こんにちは、組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 先日、ある会社の社長から、こんな話を聞きました。
 

  ***

 社長が応接室にいたとき、新入社員に、
「おーい、タバコを持ってきてくれー」と頼みました。

 その新入社員が持ってきたものは、タバコ1箱。

社長「あれ? タバコしか持ってこないのか?」

新入社員「だって、タバコを持って来いと言ったじゃないですか?」

社長「・・・あぁ、ワカッていないなぁ〜・・・」

  ***

 さて、察しの良い人には、もう「問題」がお解かりですね?

 社長が期待していたのは、タバコを吸える状況。

 タバコ1箱だけが、彼の望みではありません。
  タバコを吸うためには、ライターも灰皿もセットで必要です。

 一般常識として、その程度のことはご存知ですよね?

 ですから、社長にしてみれば、「タバコを持ってこい」と言えば、
自動的に、附帯物も一緒に持って来るだろう、と期待します。

 ところが、新入社員にしてみれば、指示されたことを、それこそ
文字通りに受け取って、行動したわけです。

 こういうタイプの部下は、「1」の話を聞いて、「1」にしか理解
できない人。

 すなわち、情報認識力が低い人です。

 一方で、同じ「タバコを持ってきて」という指示に対して、瞬間的に、
「あ、社長はタバコを吸おうとしているんだな」
「タバコを吸うなら、タバコとライター、灰皿も必要だな」
と考えて、3点セットを揃えて持ってくる人もいるでしょう。

 こういうタイプの人は、「1」の話を聞いて、「3」に理解して行動
できる人です。

 もしかすると、
「社長はタバコを吸いながら、きっとこの資料に目を通したいだろう」
と考えて、タバコの3点セットに加えて、資料も持っていく人もあるか
もしれませんね。

 この人は、「1」を聞いて、「4」の行動がとれる人。

 こういうタイプが、情報認識力が高い人です。

 さて、この3人の部下に対する、社長から見た評価は・・・。

・タバコだけ持ってくる人は、「期待以下」「期待はずれ」の人。
・タバコ3点セットを持ってきた人は、「期待通り」「当たり前」の人。
・タバコ3点セットと資料を持ってくる人は、「期待を超えた人」。

 こんな風に、日常のちょっとした場面で、部下に対する印象や評価
が決まっているわけです。

 その決め手になるのが、その人の「情報認識力」。

 ***

 
  「情報認識力」が、その人の思考習慣を形成します。
  「情報認識力」が、その人の行動パターンの土台になります。
  「情報認識力」が、その人の能力水準や実績を規定します。
  「情報認識力」が、上司からの印象や評価を決めているわけです。

 たかが、情報認識力。されど、情報認識力。

 もしかすると、「努力している割に、充分な評価をされていない」
と感じる方は、情報認識力に、その原因があるのかもしれません。

 そして、「熱心にあれこれと指導しているのに、部下が育たない」
と感じている上司には、部下の情報認識力を高めることが盲点だった
かもしれません。

 でも、ご安心ください。

 情報認識力は、簡単なトレーニングをくり返すうちに、簡単に、
高めることができるんですよ。

 簡単に言えば、

 一つの情報を与えられたら、それを土台にして、
「その次に、何が起こるだろうか?」
「相手は、そこで何を望んでいるのだろうか?」
「では、次に、自分自身はどういう行動をとるべきか?」
などを、【考える習慣】をつければ良いんですよ。

 部下がしっかりと物事を考えられるように、考えるための「間」を
与えることも必要ですね。

 考えると言っても、「何を」「どんな風に」考えればいいのか?
考える際の視点や着眼点、よりよく考えるための技術や方法論を教え
る必要もあります。

 

 私も、いろいろな企業にコンサルティングに入って、情報認識力を
高めるトレーニングを導入することがよくあります。

 情報認識力が高まると、「1」を聞いて「10」を知る人になれるか
らです。

 すると、具体的には、こんな場面で、メリットがありますよ。

・1件の顧客クレームを聞いて、業務プロセスの改善案が出せる。
・1件の部下の不平不満を聞いて、社内の制度改革に着手できる。
・上司の何気ない一言を聞いて、新しい企画を提案することができる。
・1つの新聞記事を読んで、会社として必要な施策を提言できる。
・1つの物事を見たら、そこから、新しいビジネスモデルを提言できる。
・他社の事例を聞いたら、そこから、新サービスを開発できる。
  ・・・。

 という具合に、情報認識力が高まってくると、何を見ても、何を聞
いても、それがすべて、次なる大きなチャンスを引き寄せるヒントにな
るんですね。

 こういう社員は、会社にとって、アイディアの宝庫です。

 そういう社員が多い会社は、新しい収益源の宝の山になるわけです。

 だから、情報認識力を高めて、「1」を聞いて「10」を知る人を
育成することは、会社の収益力を高める決定打になりえるんです。

 

 あなたも、情報認識力を高めて、「1」を聞いて「10」を知る人に
なりませんか?

 そして、あなたの部下を、あなたのチーム全体を、
「1」を聞いて「10」を知る人の集団に変えていきませんか?

 
  部下に向かって、「もっと考えろ!」と怒鳴るだけでは、何の解決
にもなりません。

 「もっと考えてみよう」と思っても、「いつもの思考パターン」に
はまりきっていたら、そこから新しいアイディアは生まれません。

 では、実際には、何を、どのように考えていけばいいのでしょうか?

 もしも、情報認識力を高める具体的なトレーニング方法に、ご興味が
ありましたら、次のワークショップでご紹介いたします。

 デキる人になる!思考筋トレーニング(1)
  「情報認識力を高め、行動につなげる思考回路を創る」
  http://www.ethos-net.com/shikokin_johoninshiki/index.html

 

 知識社会で、勝ち残れる企業は、新しいアイディアを生み続けられる
集団だけです。

 知識社会で、幸せなキャリアを手に入れるためには、常に新しい視点
で、新しいアイディアを生み出せる人であることが、求められます。

 この夏、あなたが、そして、あなたのチームの、付加価値生産性を
高めることを、考えてみてはいかがでしょうか?

     
  それには、まず、考える習慣、そして、効果的な脳の使い方を手に入
れることをお薦めします。

 嬉しいことに、脳は、いくら使っても価値は減りません。
 
  いえいえ、脳ミソは、使えば使うほど、その威力は高まるんですよ。
しかも、脳ミソを使うだけなら、1円のコストも掛かりません。

 そんな、すごい資源を私たちは持っているんです。

 それを、最大限に活かしてみてはいかがでしょうか?
きっと、何か嬉しい変化が起こることでしょう。
      

             組織変革コンサルタント  門田由貴子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2.今週のオススメ: 情報認識力を高める思考筋トレーニング(1)

 元々、コンサルティング契約をいただいている企業で、プロジェクト
チームのメンバーの思考力を高めるために導入していたトレーニングを、
一般公開いたします。

 ご自身の情報認識力を高めたい方に。

 そして、部下の情報認識力を高めたいとお考えの、上司の方のために。

 デキる人になる!思考筋トレーニング(1)
  「情報認識力を高め、行動につなげる思考回路を創る」
  http://www.ethos-net.com/shikokin_johoninshiki/index.html

 年内の公開ワークショップとしての開催は、これが最後です。

 午後スタートなので、遠方からでもお越しいただけますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆3.人と組織をガラリと変えたい方のための「創発リーダー養成講座」

 拙著『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894513439?ie=UTF8&tag=ethosnetkadot-22/
 でご紹介している通り、

 
  ある一定の知識と、コミュニケーション・スキルさえあれば、
どんなにガンコで意固地な人でも、どんなにヒドイ職場でも、驚くほど
の変化が、起こせるんです。

 あなたも、「人と組織をガラリと変えられる人」になりませんか?

 それに必要な、前提知識・技法・スキル・能力を、体系的にマスター
いただける講座をご用意いたします。

■ 「創発リーダー養成講座」第1期クラス   
■ http://www.ethos-net.com/sohatsu-leader/
     ↑     ↑     ↑
     詳細は、こちらでご確認ください。

  8月末までにお申込の方には、早期特別優待価格が適用されます。

■「無料説明会」をの開催日程も、追加いたしました。

 ご興味のある方は、どうぞご参加ください。 

★「無料説明会」にお越しになれない方のために、プレゼンテーション
   用の詳しい資料を、お送りいたします。

 プレゼンテーション資料をご希望の方は、
当社ホームページ(http://www.ethos-net.com/)画面右上にある
「お問合せフォーム」から、ご請求下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆4.株式会社エトス 受付中のセミナー、サービスいろいろ

■8月23日(月)19:00〜20:45

 エトス・イブニング・セミナー第10回
  「ギスギス組織・ヘトヘト職場の治し方」

 詳細は、http://www.ethos-net.com/gisugisu/index.html 

 

■9月4日(土)PM

 デキる人になる!思考筋トレーニング1
  「情報認識力を高め、行動につなげる思考回路を創る」
  http://www.ethos-net.com/shikokin_johoninshiki/index.html
  ビジネスパーソンのための、仕事に直結する「脳トレ」です。
   

■9月11日(土)

 キャリア設計ワークショップ 
  「天賦の才能・資質・運命のDNAを知り、理想の人生を設計する」 
  http://www.ethos-net.com/jinsei/
 
  周囲の人との人間関係の「傾向と対策」がズバリとわかりますよ。

■10月9日(土)実力を認められ、高く評価される人に変身!

 「女性リーダーのための、仕事術&処世術」
 http://www.ethos-net.com/josei_leader/index.html

 管理職・リーダーになって、生涯賃金を1億円以上高める方法を、
  惜しみなく伝授しています。
  4月には、ラジオ出演して、内容の一部をご紹介いたしました。

■通信講座 「デキる人のリーダーシップ・スキル」
  http://www.ethos-net.com/e-leadership/

 毎月10日開講。月々¥4,000で、実践的なスキルが身につきますよ。
  「添削指導コース」は、あと若干名で締め切らせていただきます。

 ビジネスリーダー養成講座です。
  キャリアアップしたい方、年収アップしたい方に、お薦めします。

■個別面談(キャリア・カウンセリング)
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html

 ご希望の日時で、「あなた」のキャリアをバージョンアップさせる
  方法を、じっくりと話し合いましょう。

■エトス特選ギフトセット
 http://www.ethos-net.com/giftset/

 各種セミナーの受付状況は、こちらでご確認いただけます。
  https://www.ethos-net.com/application/index.php

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5.【エトスWeekly Press 200号記念】メルマガ読者プレゼント

 お陰様で、このメルマガも、今回で200号を数える運びとなりました。

 毎号、皆様にお読みいただけるから、そして、多くの方々から、
ご意見やご感想をいただいているので、それを励みに続いてきました。

 そこで、200号を記念して、メルマガ読者の皆様のために、以下の
プレゼントをご用意いたしました。

 ご興味があれば、ご応募ください。

<A賞> 9月1日(水)19:00〜20:45<銀座>
      「シークレット・セミナー」へ無料ご招待 16名様

     内容はヒミツ。ご参加の皆様のご要望にお応えいたします。

<B賞> 当社のセミナーとキャリア・カウンセリング(個別面談)で
      ご利用いただける「20%優待券」を5名様に

<C賞> CD教材 以下3種類の中から1つ、お好みのものを
       プレゼント 5名様に
 
     「幸せに成長する人の、ココロとアタマの使い方
        〜少しの変化で、大きな差がつく34の習慣〜」
     http://www.ethos-net.com/cd-evening1/index.html
   
     「ストレスを手放して、心の平安を手に入れる方法
        〜「本当のあなたの人生」を取り戻す第一歩〜」
    http://www.ethos-net.com/cd-stress/index.html
 
     「会議に参加して、存在感と影響力を発揮する方法」
     http://www.ethos-net.com/cd-kaigi/index.html
 

<ご応募方法>
  当社ホームページ http://www.ethos-net.com/index.html 画面右上
にある「お問合せフォーム」で、以下の項目を漏れなくお伝えください。

 1.お名前
  2.メールアドレス
  3.職業
  4.〒、住所、携帯番号  ※B賞・C賞の発送に必要です。
  5.本メルマガへご感想・ご意見
  6.あなたが興味を持って勉強しているテーマは何ですか?
  7.ご希望のプレゼント (A賞・B賞・C賞のいずれか1つ)
         ※C賞ご希望の方は、ご希望のCDもご指定下さい。

<ご応募受付期限> 8月18日(水)17:00到着分で締め切り
 
  多くの方のご応募をお待ちしています。

※以前の「200号の発行日はいつか?」というクイズにご当選された方
  には、「ビジネス書10種類詰め合わせパック」を、お送りさせていた
  だきます。近日中に届くはずですから、お楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆6.編集後記: 200号までの道のりを振り返って  

 このメルマガを始めたのは、2006年4月。
  もう4年以上が経ってしまいました。

 4年の間には、メルマガだけに限っても、紆余曲折があります。

 発行〜配信方法の変更、配信担当者の交代、執筆形態・分担の変更。
  その状況ごとに、いろいろなドラマがありました。
 
  中には、創刊号からず〜っと、お読みくださっているお客様もいらっ
しゃいます。

 皆様に、感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
           ありがとうございました!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様からのご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などを
ひろく募集しております。
  皆様に喜んでいただけて、お役に立てるような情報を発信してまいり
たく存じます。

 ご連絡は、当社ホームページ画面右上にある「お問合せフォーム」か
らお願い申し上げます。
  http://www.ethos-net.com/index.html

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆エトス Weekly Press No.200◆2010年8月13日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス
      http://www.ethos-net.com/index.html
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

  (C)Copyright 2010, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エトス・メニュー