ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

物事には順序がある。まずは土台を固めよ!

  ◆◆エトス Weekly Press No.193◆2010年6月19日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
        http://www.ethos-net.com/index.html

◆《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1.今週のテーマ: 物事には順序がある。まずは土台を固めよ!

 2.今週のオススメ: あなたの"才能"を叩き起こす、刺激的な1日

 3.天才・羽生善治名人が語る「120%脳力を出し切る脳の使い方」

 4.編集後記: セミナーCDの制作に向けて、準備中です   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1.今週のテーマ: 物事には順序がある。まずは土台を固めよ!
           

 こんにちは、組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 前号では、「自己投資こそ、もっとも効果が高い投資である」とお伝
えしましたら、いくつかご質問をいただきました。

 一番多かったご質問は、「では、何を勉強すればいいのか?」
というものでした。

 自己投資すべきテーマとしては、私なら、以下の順序をオススメいた
します。

 【step1】まずは、「自分」を深く知ることで、
       天命や宿命として与えられている「才能」を認識すること。

      → これが、キャリアや人生の「土台」となります。

 【step2】自分の「才能」に磨きをかけて、伸ばすこと。

      → 土台を堅固なものにすれば、「一人前」になれます。

   
  【step3】自分の「才能」を活かせる方法や手段を構築すること。

      → 土台の上に、オリジナルの家を建てる段階です。
         これができると、「プロ」と認められます。

 【step4】自分の「才能」の表現を阻害する問題を克服すること。

      → 家の内側と外側を、立派に磨いて装飾する段階。
         これができると、「一流」の人になれます。

 ちなみに、上の4点は、順不同ではなく、順序に意味があります。
 
  つまり、【step1〜3】が準備できていない段階で、【step4】に
取り組んでも、たいして効果がない、ということです。

     ***

 私が、コンサルティングの場面で、クライアントにしつこく何度も、
持論としてお伝えしている言葉があります。

 それは、「物事には、順序がある。
        順序を無視しては、物事は積み重なって行かない」。

 例えば、簡単な情報管理もできずに、PDCAサイクルが回っていな
い会社が、高度なERPシステムを導入しても、それは「猫に小判」と
なり、無駄で無意味な投資ですよね?

 そういう会社には、まずは、自分の手と頭を使って、経営情報を活用
できるリテラシーを身につけられるよう、指導させていただいています。
そのとき、ツールはExcelで充分です。

 それなのに、いろいろな企業を拝見していると、
「ERP導入なんて、100年早いのでは?」と思うような会社ほど、
最先端の高度な情報システムやツールに、目がくらむんですね。

 それは、自社の能力の不足を、外部のツールで補えると思うからで
しょう。

 しかし、ハッキリ言えば、それは幻想です。

 
  個人の場合も同じ。

 目先の最新テクニックや、話題のツールを追い求めるタイプの人が
いますよね?

 彼らも、自分の基礎力や土台の脆弱さを知っているから、それを補う
ために、外部のテクニックやツールで、体裁を取り繕いたいのでしょう。

 でも、悲しいことに、基礎と土台がない人には、そのテクニックや
ツールも、効果的に使いこなすことはできないので、結局は無駄な投資
に終わります。

 

 よくある例が、「話し方やプレゼンが上手くなりたい」という人。

 私も、企業研修で、プレゼンテーション研修を担当させていただく
ことがあります。

 すると、受講者の多くは、「簡単で、すぐに使える小技」や、
「誰にでも使えるテクニック」を、数多く知りたがるんですよね〜。

 しかし、そんな小技やテクニックを使いまくったプレゼンが、聞き手
の心を動かすことはありません。
  小技の集大成では、商談を成立させるパワーは発揮できません。

 なぜなら、彼らのほとんどは、話し方やプレゼン技法が未熟なのでは
なく、「伝えたいもの」、内容や主張がないのが問題なのです。

 それは、日頃から、問題意識や志を持って生きていないから。

 その本質的な問題は、小技やテクニックでは、解決できません。

 むしろ、強い主張や信念があれば、話術やプレゼン技法が下手でも、
聞き手の心を揺さぶる迫力があるものです。

 つまり、彼らに必要なのは、小技やテクニックを知ることではなく、
自分の「才能」を知り、「土台」を築くことなのです。

 

「英語を話せるようになりたい」と英会話を勉強している人に、
「英語で何を話したいの?」と聞くと、答えられないのと同じです。
 
  英語は、外側のテクニックの問題。
  話す内容こそが、その人ならではの表現ではないでしょうか?

 話したい内容、伝えたい主張があるのなら、わざわざ英語を何年も
勉強しなくても、通訳を雇えば用が足りますよね?

     *** 
 

 【step1】「自分を知る」というのは、案外と難しいものです。

 このメルマガの NO.190号 でもご紹介したとおり、「自分の一側面」
だけしか理解していない人が多いようです。

 その最大の弊害は、ご自分の中に眠っている【才能】を見逃してしま
うことです。

 【才能】という「土台」を築かないうちは、【step2】【step3】に
進んでも、あまり効果は得られないでしょう。
 
  それなのに、最近では、多くのビジネスパーソンが、【step4】の
小技をマスターすることに、踊らされているような気がしてならないの
は、私だけでしょうか?

     ***

 偉そうなことを書きましたが、私自身は、まだ【step3】の初期段階
で、試行錯誤をしているところです。

 やっとショボい仮設住宅を建ててみたけれど、雨漏りはするし、風に
も揺れるような状態。
  なんとか雨風をしのいでいる、という感じです。 

 私自身も、常に「土台」に立ち返りながら、どうやって強固な「家」
になるよう増改築を進めるか? それをいつも考えています。

 それでも、【step1】【step2】の段階で努力をし、悩んでいる方々
のために、何かしらのサポートができるのなら、喜んでさせていただこ
うと奮闘しています。 

 

 まずは、ご自分を深く探求して、「あなた」の中に眠っている才能を
掘り起こしてあげてください。

 そして、その才能を「土台」として、あなたのキャリアと人生を設計
し、構築されることをお薦めします。

 自己投資とは、キャリアと人生を設計することに他ならないのです。

          組織変革コンサルタント
            & キャリア・カウンセラー 門田由貴子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2.今週のオススメ: あなたの"才能"を叩き起こす、刺激的な1日

    7月31日(土)キャリア設計ワークショップ 

「天賦の才能・資質・運命のDNAを知り、理想の人生を設計する」 
  http://www.ethos-net.com/jinsei/
 
  「あなた」を深〜く理解できる、濃密な1日の自己探求コースです。
 

 前回のクラスにご参加された方のご感想を、少しご紹介しますと・・・

●Q1.特に印象的だった点は?

 −自分のなりたい姿、ビジョンを明確にすると、価値観が大きく
   変わったこと。
   自分を知り、自分を好きになり、自分の可能性と才能に気づくと、
   人生が変わること。

 −こんなに、自分が丸ごと理解できてしまったことは、初めてだ!

 −長時間のセミナーなのに、ワークが多くて、時間の経過を忘れるほ
   ど没頭することができる内容だった。
   自分を見つめ直す、良い機会になった。

 −他の人からの評価をいただけたこと。
   こういう率直なフィードバックや、自分に対する印象を知る機会は
   他にないので、とてもありがたい。

 −自分が変えていくべき点が、明確になったこと。

 −人間を、こんなに理解できるツールが手に入ったこと。

●Q2.アナタにとっての成果は何ですか?

 −自分の10年後の夢を実現する価値観とスローガンが明確になった。

 −自分と周囲の人の価値観や気質・能力の傾向がわかったので、彼ら
   との接し方が上手くいきそうだ。

 −自分の向き・不向きがハッキリとわかったこと。
   理想の自分に出会えて、目標ができたこと。

 −ワークによって、「理想の人生を創り出す価値観」が具体的に引き
   出せたこと。
 
  −普段なら絶対に自分ではできないことだが、自分なりの理想像を
   描くことができて良かった。

 −自分の思考の癖、行動パターンの偏りに気づいた。

 −仮想の敵を作って、一人で勝手に戦っている自分に気付かされた。
   だから、疲れるんだ、辛いんだ〜、と気付くことで、手放すことが
   できたのが、何よりの成果。

 −これからの経営で、どんなブレインが必要か? 補うべき課題は
   何か? などの課題が見えてきたこと。

●Q3.このセミナーを検討中の方に、何と伝えますか?

 −人には才能があり、その才能に気づけば幸せになれるし、輝くこと
   ができる。自分自身を深く知ることから始めよう!

 −自分の適性が判るので、将来の目標が立てやすくなる。

 −キャリア設計セミナーは多くの場所で行われているが、本セミナー
   は、他とはまったく違う! ここに参加できて良かった。

 −小さな自分を創っている、自分の思考パターンを変えるきっかけに
   なるセミナーです。

 −自分のこと、将来のこと、やりたいことが判るセミナーだよ!

 

    7月31日(土)キャリア設計ワークショップ 

「天賦の才能・資質・運命のDNAを知り、理想の人生を設計する」 
  http://www.ethos-net.com/jinsei/

 お席が埋まりつつありますので、ご検討中の方は、お早めにドウゾ!

 

 各種セミナーの受付状況は、こちらでご確認いただけます。
  https://www.ethos-net.com/application/index.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆3.天才・羽生善治名人が語る「120%能力を出し切る脳の使い方」

 
  将棋の世界で、14歳でプロ棋士になり、19歳で初タイトルを獲得して
から、前人未到の七冠達成を成し遂げ、20年以上も棋界を引っ張りつづ
けてトップとして走り続けている「天才」。

 その羽生善治名人が、自分の中に眠っている才能を、120%開花させる
方法を、誰にでも実践できる話として紹介してくださるそうです。
  これは、見逃せませんね。

   羽生善治名人が語る「120%能力を出し切る脳の使い方」
       結果を出し続けるための3つの秘訣
     http://www.100-story.com/habukoenkd.html
      ↑ 詳細・お申込は、コチラから。

    ※本講演会に関するお問合せは、主催者へお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆4.編集後記: セミナーCDの制作に向けて、準備中です   

 
  ここ最近で、お問合せ・・・というか督促?が増えているのが、
「いつ、CDが発売になるのですか?」というメール。

 すみません、少しずつ、準備を進めているところです。

 次は、ご好評をいただいた"会議3部作"を順次ご案内いたします。

「会議に参加して、存在感と影響力を発揮する方法」
「仕事のデキる人の、会議&ミーティング運営術」  
「デキる人のコミュニケーション術
   ホウレンソウ、会議、プレゼンでの話し方のコツ」

 前倒しで早めにご案内できるよう・・・前向きに取り組みます・・・
                      (役人の答弁か?!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様からのご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などを
ひろく募集しております。
  皆様に喜んでいただけて、お役に立てるような情報を発信してまいり
たく存じます。

 ご連絡は、当社ホームページ画面右上にある「お問合せフォーム」か
らお願い申し上げます。
  http://www.ethos-net.com/index.html

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆エトス Weekly Press No.193◆2010年6月19日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス
      http://www.ethos-net.com/index.html
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

  (C)Copyright 2010, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エトス・メニュー