ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

人の成長段階と能力を評価する5段階

  ◆◆エトス Weekly Press No.187◆2010年5月18日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
        http://www.ethos-net.com/index.html

◆《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1.今週のテーマ: 人の成長段階と能力を評価する5段階

 2.今週のオススメ: 知識を、行動とスキル・能力に変える講座

 3.「夢を叶える速読術(R)」卒業生の体験談(音声ファイル)を
     ダウンロードしてお聞きいただけます

 4.読者プレゼント: CD教材の新発売記念:5名様にプレゼント

  【CD教材】 ストレスを解放して、心の平安を手に入れる方法
           〜「本当のあなたの人生」を取り戻す第一歩〜 

 5.編集後記: 今週は地方へ出張。足を伸ばして温泉へも

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1.今週のテーマ: 人の成長段階と能力を評価する5段階

 こんにちは、組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 先週は超過密スケジュールのため、このメルマガを1回、お休みさせ
ていただきました。

 ちなみに、何をしていたのか? といえば、

・本業のコンサルティング業務で、クライアント企業を訪問
・某企業で、シニアマネージャー向け研修を実施
・キャリア・カウンセリングの面談が数件
・通信講座「デキる人のリーダーシップ・スキル」の教材制作と配信
   ならびに、この講座の受講生のレポート採点
・新CD教材の発売に向けた準備
・イブニングセミナー「デキる人のコミュニケーション術」の開催
   ・・・などなど。

 こんなふうに別々の人を相手に、異なる仕事をしているのに、なぜか
偶然にも、同じ「あること」が気になり、奇妙な感じがしました。

 それは、「能力」というものを勘違いしている人が多いなぁ、という
ことです。

 

 例えば、「私は、そんなことは知っています!」とアピールする人が
よくいますね?

 彼・彼女にしてみれば、「知識がある = 私は有能だ、尊敬しろ」
とでも言いたいのでしょう。

 確かに、二昔も前の時代なら、教養がある人、博学な人は、それだけ
で「知識人」「教養人」として、尊敬の対象になったかもしれません。

 しかし、2010年の現在では、どうでしょうか?

 今や、小学生が宿題をするのに、Googleを使って情報検索する時代で
すよね?
  
  最先端の情報も含めて、世界中の情報を、1秒もかからず、1円の
お金もかけずに、PCに集められてしまいます。

 つまり、情報や知識そのものには、ほとんど価値がない時代になって
いるのですよ。
 
  それなのに、「本で読んだことがあるから知っています!」とアピー
ルして、それにどのような価値があるのでしょう?

 そういう人を良く見てみると、「知っている」ことに満足してしまい、
その知識を行動や業務に活かすことなく、ましてや、成果を出すことも
なく、それでも「自分は有能だ」と思い込んでいるのです。

 そして、「私はこんなに勉強しているのに、どうして上司はそれを
認めてくれないのか?」と嘆いています。

 でも、もうお解かりですよね?

 勉強したこと、知識を持っていること自体には、何の意味もありませ
ん。それはただ、「お勉強に溺れている状態」なのです。

 少なくとも社会人なら、その知識や情報を活かして、何かの役に立て
て初めて、意味があるものです。

 私はよく、コンサルティングやカウンセリングの場面で、次のような
お話をしています。

 人の成長段階を、この5段階でふりかえってみましょう、と。

●第1段階: 「知らない」

 ・・・ 勉強することなく、情報収集もしない、問題意識のないレベル。
    仕事をする際には、いちいち上司や先輩から具体的な指示をして
    もらう必要があります。ノンインテリジェントワーカー。 

●第2段階: 「知っている」

 ・・・ あるテーマに関して、本を読んだり研修を受けることで、何ら
    かの知識をもち、頭の中で理解はしているレベル。
    自分自身の好奇心を充たしただけで、誰の役にも立っていない
    自己満足・勘違いのレベル。無責任な評論家になりがち。

●第3段階: 「やっている」

 ・・・ あるテーマの知識をもち、自分なりに理解できたことを、実務
    や毎日の行動を通じて実践しているレベル。
    ただ、上手くできることもあれば、失敗こともある。まだまだ
    試行錯誤の状態。本人にとっては悩みや迷いもあるが、行動を
    継続することで、着実に成長している発展途上。まだ半人前。

●第4段階: 「できている」

 ・・・ あるテーマに関して、充分に情報・知識を持っていて、しかも
    それを実務や毎日の行動で実践した経験から、自分なりのノウハ
    ウを導き出して、物事を安定的に上手く遂行できるレベル。
    スキルがある人。上司から見て、使える人。一人前。

●第5段階: 「成果を出して、社会や組織に貢献できている」

 ・・・ あるテーマに関して、充分な情報・知識を持ち、実務でうまく
    応用・実践・創意工夫して、常に業務上の成果を出すレベル。
    目標を達成し、上司の期待に応え、組織のために成果を出して
    社会に貢献している人。デキる人。優秀な人。
    この段階で初めて「能力がある」と言う。 

 
  人事評価でも、「能力」とは「成果を実証してみせられる力量」を
さすのです。
  組織の期待する成果が出せないレベルを、能力とはいいません。 

 

 さて、あなたご自身の成長段階は、どのレベルでしょうか?

 そして、あなたの同僚や部下をこのモノサシで見たら、どのような
分布を示しているでしょうか?

 
  ちなみに、通信講座「デキる人のリーダーシップ・スキル」
  http://www.ethos-net.com/e-leadership/
の受講生から提出いただくレポートも、上記の5段階を使って採点して
います。

 「今月の講義」を聞いて、ただ理解しているレベルか?
  それを、実務で実践して試行錯誤・努力しているレベルか?
  さらに、自分になりに成果を出し、組織に貢献できているレベルか?
・・・という具合にです。

 この5段階のモノサシは、仕事以外にも使えますよ。

 例えば、私の場合は、「アイロンがけ」に関しては、第2段階の未熟
者です。なぜか、アイロンを掛けると、深刻なシワができちゃうので、
できるだけ避けています。
 
  「料理する」ことなら、いつも短時間で、それなりに美味しいものを
作っていますから、第4段階。でも、たまにホームパーティで友人に
ふるまう程度ですから、社会に対する貢献はできていません。

 組織変革や人材開発というテーマでは、クライアント企業のために、
一定以上の成果を出して貢献しているつもりです。
  (そうでないと、コンサルティングフィーを頂けません)
  プロフェッショナルなら、第5段階であることが求められますよね?

 
  もしも、今が「知っている」段階なら、その上の「やっている」段階
を目指しましょう。

 それを継続しているうちに、必ず「できている」段階になり、やがて
は、「貢献できている」段階に到達しますよ。

 知識より、行動と実践を。

 さらに創意工夫と応用を重ねて、社会・組織に貢献できるレベルへ。
 

 あなたと周囲の方々が、この階段を一歩一歩上っていくことを、応援
していきたいと思っています。 

 何かお手伝いが必要なら、お声をおかけ下さい。

               組織変革コンサルタント 門田由貴子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2.今週のオススメ: 知識を、行動とスキル・能力に変える講座

 特に「リーダーシップ・スキル」ほど、知識だけ持っていても、何の
役にも立たない領域はありません。

 リーダーシップとは、実際の実務や職場で、人やチームを効果的に
動かして、組織が期待する成果を出していくまでの総合的な能力を指す
のですから。

 そこで、リーダーを目指す人、既にリーダーになっている人にお薦め
しているのが、この講座です。

 「デキる人のリーダーシップ・スキル【通信講座】」
  http://www.ethos-net.com/e-leadership/

 リーダーに必要な知識・情報を「今月の講義」で配信して、さらに、
その知識・情報を実務で実践するための「今月の課題」に挑戦いただき
ます。

 だから、「知っている」レベルから、「やっている」「できている」
「成果が出せた」レベルまで、着実にスキルと能力を身につけていただ
けます。

 ・毎月10日開講(それまでは、事前課題にお取り組みいただきます)
  ・月々4,000で、テキストと音声ファイルを配信します
  ・添削指導コースなら、毎月、フィードバックレポートもご提供

 
  現在の受講生の方々からは、
「苦手領域だから尻込みしていたが、やってみたら、上手くできた!」
「新たな自分の可能性が広がっているのがわかって嬉しい!」
  ・・・などなど、ご自身の成長を実感できている報告が上がっています。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆3.「夢を叶える速読術(R)」卒業生の体験談(音声ファイル)を
     ダウンロードしてお聞きいただけます

 4月26日、5月6日に、「夢を叶える速読術(R)」の無料説明会を開催い
たしました。

 セミナーの概要説明のあと、昨年冬(10〜12月)に開催した
「夢を叶える速読術(R)」25期クラスを卒業された方を代表して、4名
の方々が、ご自身の実体験・成果・感想などを、お話くださいました。

 その卒業生のお話を録音させていただきましたので、こちらから
  http://www.ethos-net.com/speed_reading/kansou/
ダウンロードしてお聞きいただけます。

 この4名のお話は、ヤラセなしの本音トークです。

 お話を、すぐ横で私もお聞きしていて、「オイオイ・・・」と言いたく
なるような点もありますが、そのままマルっと大公開いたします。

 

●「夢を叶える速読術(R)」無料説明会【最終回】

 5月19日(水)19:00〜20:00<銀座>【参加費・無料】
 
<完全予約制> http://www.ethos-net.com/speed_reading/#CP-12
   前回クラスの卒業生から、リアルな体験談をご紹介いただきます。

 
●6月5日(土)「夢を叶える速読術(R)」【最終回】

 http://www.ethos-net.com/speed_reading/

 今の10倍〜30倍のスピードで本が読めるようになる速読術。
  脳にINPUTする情報の質と量を変えることで、人生のクオリティは、
  確実に変わりますよ。

 思考習慣病を治して、ココロの鎧をはずし、夢が叶えられる心を
  手に入れ、理想の自分に変われる心理メソッド。

 望むものを【受け取る力】を高めれば、もっと豊かな人生を味わう
  ことができるのでは?

・現在、受付しているセミナーは、こちらの「お申込フォーム」から
  ご確認いただけます。
  https://www.ethos-net.com/application/index.php

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆4.読者プレゼント: CD教材の新発売記念:5名様にプレゼント

 先般4月20日に開催した「イブニング・セミナー」でライブ収録した
内容を、CD教材としてお送りできる準備が整いました。

 【CD教材】 ストレスを解放して、心の平安を手に入れる方法
         〜「本当のあなたの人生」を取り戻す第一歩〜 

 http://www.ethos-net.com/cd-stress/index.html
    内容など詳細は、↑ こちらでご確認ください
  
 
  多忙なビジネスパーソンにとって、ストレスマネジメントは、不可欠
の技術です。
  ストレス対策をして、身体の健康と同様に、ご自身の脳と心の健康を
ご自身でしっかりと守ってください。

 ※このCDには、2012年問題や宗教、スピリチュアリズムなどの内容
   も含みますので、頭のカタい方、唯物論者にはお薦めいたしません。 

 

●読者プレゼント
  このCD教材の新発売を記念して、メルマガ読者5名様に、プレゼン
トさせていただきます。
  ご希望の方は、以下の方法でご応募下さい。

<応募方法>

・当社ホームページ(http://www.ethos-net.com/)画面右上にある
  「お問合せフォーム」に、以下の項目をご記入の上、ご応募ください。

・氏名、年齢、メールアドレス、〒、住所、本メルマガの感想、
  関心を持っているスキルアップ・テーマ、よく読む本の著者名

・応募締め切り: 5月20日(木)12:00(正午)

・抽選の上、当選者5名様に、CD教材をお送りいたします。

 皆様のご応募をお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆6.編集後記: 今週は地方へ出張。足を伸ばして温泉へも

 
  私にとって、「自分へのゴホウビ」の第一は、温泉旅館。
  連休期間も仕事をしていた私自身に、ちょっとだけゴホウビです。

 地方へ出張するついでに、足を伸ばして温泉旅館へ行ってきます。

 ホテルより日本旅館の方が、のんびりできて良いですよね?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様からのご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などを
ひろく募集しております。
  皆様に喜んでいただけて、お役に立てるような情報を発信してまいり
たく存じます。

 ご連絡は、当社ホームページ画面右上にある「お問合せフォーム」か
らお願い申し上げます。
  http://www.ethos-net.com/index.html

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆エトス Weekly Press No.187◆2010年5月18日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス
      http://www.ethos-net.com/index.html
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

  (C)Copyright 2010, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エトス・メニュー