ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

GM破綻に見る、企業と人に共通する栄枯盛衰

  ◆◆エトス Weekly Press No.143◆2009年6月3日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
          http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: GM破綻に見る、企業と人に共通する栄枯盛衰

 2.エトスからご案内: 現在、受付中のサービスとセミナーご案内

 3.今週のオススメ: 6月10日「丸善」出版記念講演会【内容確定】

 4.オススメの本: マツダミヒロ氏の新刊と出版記念プレゼント

 5.編集後記: 【予告】次回から、書籍の誌上解説をしていきます

********************************

◆1.今週のテーマ: GM破綻に見る、企業と人に共通する栄枯盛衰

 皆様こんにちは、組織変革コンサルタントの門田由貴子です。

 ニュースで大きく報道されている通り、GMが破産法の申請をして、
ほとんどアメリカとカナダの国営企業同然になって、再建の道を出発
することになりました。

 これからグリーン・エコノミーに向けてイバラの道を歩むオバマ政権
にとっては、実に大きなお荷物が増えてしまったわけです。

 GMといえば、アメリカを代表する著名企業であると同時に、
「工業化社会」の時代を象徴する企業。

 そのGMが破綻したということは、「工業化社会」の時代の最後の
勢力が完全に終焉し、社会が新しいフェーズに移行したという意味で
しょう。

 人類の産業の歴史をマクロに見れば、このように進化しています。

 原始社会(狩猟) → 農村社会 → 工業化社会 →
    情報化社会 → 知識社会 → 未来へ

 今はとっくの昔に「知識社会」の時代。

 それなのにGMは、工業化社会の経営モデルのまま少しも進化するこ
とがなかったようです。つまり、時代錯誤・時代遅れ。

 GMの主力商品は、燃費が悪そうな大型車。環境に与える負荷も高く、
グリーン・エコノミーの時代の流れを完全に無視しています。

 それでも、利幅が大きい大型車に軸足を置きつつ、従業員やOBなど
「身内」に甘い制度を維持し、外部からのアドバイスに耳を傾けること
なく、経営陣は過去の夢を追い続けて莫大な報酬を得ていた。

 反対に、GMを凌駕して世界ナンバー1になったトヨタ自動車では、
早くから小型のハイブリッド車の開発に注力して、この領域で利益が
出ることを実証して見せた。
  まさに、経営の舵取りと技術開発力の成果でしょう。

 さらに、インドの自動車メーカーでは、20万円くらいの格安小型車を
市場に投入したというニュースも、まだ記憶に新しいですね。

 これだけの要因を比較して見れば、素人が考えても、GMの経営が
うまくいくはずがない。誰が見ても明白。

 それなのに、彼らは変えられなかった。気付けなかった。
 
  ここまでに至る間では、多くの人々がGMに対して忠告やアドバイス
をしてきたことでしょう。
  しかし、結果としてGMの首脳陣や社員はそれらに耳を傾けなかった。

 過去の栄光。傲慢や慢心。そして、極度な自己肯定。根拠の無い自信。
これが悲劇を生んだ元凶です。 

 
  では、日本の企業はどうでしょうか?

 ここ数年の間に、私も様々な企業とお付き合いをしてきました。
  コンサルタントという立場から経営陣に向けて忠告やアドバイスをし
たり、経営幹部研修などを通じて危機感を醸成するメッセージを伝えた
りしてきました。

 その結果は、明暗2つにくっきりと分かれています。
 
  私が担当させていただくクライアント企業のほとんどは一部上場企業
なので、その動向は、日経新聞と株価で如実にわかります。

 「何言っているんだ?」とばかりに、聞く耳を持たなかった企業では、
日経新聞を見る限り、残念な情報ばかりが報じられています。

 反対に、私の小さな忠告にも真剣に耳を傾けた企業では、すぐに対策
を講じて、この厳しい時代にあっても着実に利益を出している様子。
  そういう対応をした方々は、社内でも華々しく昇進しています。

 この明暗を分けた差は、他人の忠告を聞く「耳」であり、それを素直
に受け止められる「心」です。

 反対に、「頭」の中で自分のエゴに固執して、自分都合の戦略や戦術
ばかりを考えていた人たちは、芳しい結果を手に入れられていません。

 これは、企業の経営だけではなく、個人レベルの話でも同じです。

 私のところにアドバイスを求めてやってくる方を見ていても、問題を
抱えている方の多くは、「聞く」のが苦手な人のようです。

 何かアドバイスをすれば、「でもね」と反論してくる。
  何か教えれば、「っていうか〜」と話をすり替えて逃げる。
  何か質問すれば、その質問とは関係のない自分の話を始める。

 中には、難聴や中耳炎、内耳炎などの「耳」に関する症状を訴える人
もいますが、これはまさに「他人の話を聞いていない」ことの証拠。
  その傲慢な態度に気付くように、身体が発しているメッセージ。

 このとき、人は2つの反応をします。

 私から「あなたのそういう態度が、その問題を引き起こしているのよ」
と言われて、
  自分を正当化し、責任転嫁して、他人を呪い攻撃する人と、
  心から反省して、自分の意識や態度を改めようとする人に。

 前者のタイプでは、まだしばらくその問題と付き合うことになります。
しかし、あまり時間がかかりすぎると、問題はさらに大きくなり、さら
なる不幸を背負い込むことに・・・。

 後者のタイプは、一時的にショックだったり、落ち込んだりする事も
ありますが、一度底を打った後は、V字で回復していきます。

 さらに、V字回復のすごさは、地獄の底で、次のチャンスや宝を
手に入れられること。

 実は、私自身も何度かそういう経験をしてきました。

 精神的にまさに地獄のどん底に落ちたときに、次の飛躍につながる
光のドアが見つかったんです。

 この繰り返しで、人も企業も成長し発展していくのだと思います。

 では、あなたは、今なにか問題を抱えているとしたら、
「あなたのそういう態度が、その問題を引き起こしているのよ」と
言われたら、何をどう思いますか?
  
  その反応が、あなたの次のステップを決めています。

           組織変革コンサルタント 門田由貴子

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆2.エトスからご案内: 現在、受付中のサービスとセミナー

■新日程■デキるビジネスパーソンの必須スキルを1日で手に入れる!
  「的確な判断を導く 意思決定の技術」
ロジカルシンキング、意思決定、対話の基礎スキルをマスターできます
    6月17日(水)9:30〜17:00<銀座>
http://www.ethos-net.com/bizpower/logicalthinking.html
      

■ビジネスリーダー向け少人数ワークショップ【定員3名】
「2日でマスター! 問題解決の黄金メソッド」
どんな問題もラクラク解決!仕事も人生も思いのままに!
    6月22〜23日(月火)両日とも9:30〜17:00<銀座>
http://www.ethos-net.com/bizpower/solution.html
      

■ 法人向け面談(ビジネス・コンサルティング)
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
  経営改革、職場の問題解決、起業相談などを承っております。 

■ 個人向け面談(キャリア・カウンセリング)
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
  天職探し、潜在能力開花、キャリアアップのご相談を承ります。

■ 知恵と活力があふれる組織を創る「会議診断(R)」
  http://www.ethos-net.com/conference_analysis/index.html
   組織を診断して、会議運営と意思決定を改善指導します。  

■イベント詳細は、ホームページの「講演・セミナー」欄にて、
  随時、最新情報をご案内してまいります。
  http://www.ethos-net.com/schedule/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆3.今週のオススメ: 6月10日「丸善」出版記念講演会【内容確定】

 書籍『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』
http://tinyurl.com/pbsqjn の発刊記念イベントです。

 19:00〜開催なので、お仕事の帰りにお立ち寄り頂けます。

 「強い職場作り」「チームワーク」「部下から尊敬されるリーダー」
に興味がある方のための講演。
  特に、経営者・管理職・ビジネスリーダーの方々にお薦めです。

 
●6月10日(水)19:00〜「丸善」丸の内本店での講演会

<講演内容>

『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』

・なぜ、職場がギスギスしてしまうのか?
・利己的な「お勉強ブーム」が、職場崩壊に拍車を掛ける
・日本のお家芸OJTが機能不全
・ギスギスの職場の、企業の経営危機へのインパクト
・職場・組織とは何か?
・組織をよみがえらせる鍵
・心の交流と対話による人間関係づくり
・深層心理から、あなたのリーダーシップ・スタイルを知る
・職場での「あなた」の傾向と対策
・部下から信頼・尊敬されるリーダーの条件
・劇的に職場が変わり業績が向上する「12週間プログラム」
・今日からできる、職場改善の第一歩 

 一方的な講演だけではなく、あなたの深層心理を知るワークも予定
しています。あなたの気付いていない「あなた」の一面を知る手がかり
となることでしょう。

<開催要領>

・会場= 丸善丸の内本店(OAZO内)3F 日経セミナールーム
・講師= 組織変革コンサルタント 門田由貴子
・参加費= 無料です

・ご参加方法= 丸善にて先着100名様に「整理券」が配布されます。
         電話予約も可。

 詳細は、丸善のホームページ ↓こちらでご確認下さい。
  http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/6728.aspx

<ご参加者向けプレゼント>

 当日ご参加された方に、3種類の無料レポートをプレゼントします。
(後日、指定のメールアドレスに、PDFファイルをダウンロードする
  方法をご案内いたします)

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆4.オススメの本: マツダミヒロ氏の新刊と出版記念プレゼント

 やめようと思っていても、なかなかやめられないことはありませんか?
「やめる」ことが、うまくいく為の第一歩となることもありますよね。

 この本では、「やめる」ための54のヒントが盛りだくさんです。
 
  マツダミヒロ著『やめる力。』(中経出版)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806133728?ie=UTF8&tag=ethosnetkadot-22/
 
  出版感謝プレゼントがあります→ http://yameru-chikara.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆5.編集後記: 【予告】次回から、書籍の誌上解説をしていきます

 
  書籍『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』
http://tinyurl.com/pbsqjn が発売されて1ヶ月が経ちました。

 多くの方から言われるのは、「原稿を書くのは大変だったでしょ?」

 実は、違うんです。原稿を書いている間は、ただひたすら楽しかった。
  でも、本の形になったとたんに「商品」ですから、多くの方々に
知ってもらい買ってもらうための販促キャンペーンの嵐の中に・・・。

 来週6月10日の「丸善」の出版記念講演会で、この動きも一段落と
なりますので、やっと落ち着いて、本当に伝えるべきことをこの
メルマガでもお伝えして参ります。
 
  書籍で伝えている大事なメッセージに着いて、このメルマガ誌上で
ワンポイント解説をしていきます。
必ず、多くの発見・気付きがあると思います。

 どうぞ皆様も先にご一読ください。

船井幸雄先生も絶賛の、組織変革・リーダーシップの書籍
『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』
   http://tinyurl.com/pbsqjn

 

 皆様からのご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などを
ひろく募集しております。
  皆様に喜んでいただけて、お役に立てるような情報を発信してまいり
たく存じます。

 ご連絡は、当社ホームページ(http://www.ethos-net.com)画面右上
にある「お問合せフォーム」からお願い申し上げます。

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.143◆2009年6月3日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2009, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

エトス・メニュー