ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

あなたは、肉食系社員? 草食系社員?

  ◆◆エトス Weekly Press No.141◆2009年5月15日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
          http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: あなたは、肉食系社員? 草食系社員?

 2.エトスからご案内: 現在、受付中のサービスとセミナーご案内

 3.今週のオススメ: 6月6日から「アタマのトレーニング」開始

 4.編集後記:【予告】6月10日に「無料セミナー」が決まりました 

 5.お陰さまで、三省堂で8位、ツタヤで2位にランクインしました。 

********************************

◆1.今週のテーマ: あなたは、肉食系社員? 草食系社員?

 皆様こんにちは、門田 由貴子です。

 若い女性の間では今、「草食系男子」という言葉が話題になっていま
すが、ご存知でしたか?

 「草食系男子」の定義は、次の通り。
「協調性が高く、家庭的で優しいが、恋愛に積極的でないタイプ。」

 つまり、女性から見ると、まるで女友達のように一緒にいて楽だし、
基本的には「いい人」だけど、恋愛の対象としては少しもトキメかない。
  本音を言えば、「物足りない」「男らしくない」わけです。

 特に今の20代では、全体の60〜70%が「草食系男子」なのだとか。

 

 この話を聞いて、私は、ひどく共感・納得してしまいました。

「企業で働く社員、ビジネスパーソンでも、まったく同じだなぁ〜」と。

 

 コンサルティングの仕事をしていると、毎回必ずといっていいほど、
経営者や経営幹部・管理職のグチも聞かされるわけです。

 その中でも最近、増えているのが、
「最近、仕事に対して野心とか志をもつ社員が少ない!」というお話。

 つまり、【草食系社員】が増えたというお話です。

 そして、こういう話をするご本人こそ、【肉食系社員】なわけです。

 では、あなたは、肉食系社員・草食系社員、どちらでしょうか?

 ちなみに、これは食生活の傾向を指しているわけではありません。
 

 さて、以下は私の所見による分類ですが、あなたご自身、あるいは、
周囲の人々を思い浮かべながら、見て下さい。

 【草食系社員】とは、次の特徴がある人を指します。

・目の前に与えられた仕事には、コツコツとまじめに取り組む。
・基本的には保守的で、新しいこと・変わったものには懐疑的。
・成功者・有名人・お金持ちは、まず疑う。否定・批判する。
・インターネットや読書を通じて、コツコツと情報収集するのが好き。
・雑学や、ちょっとした情報・知識を知って満足。行動しない。
・興味の対象は、身の回り半径3メートル以内の現実的なこと。
・不景気な現実を淡々と受け入れ、お金を使わない節約派。
・将来のことに漠然と不安はあるが、それ以上は考えない。
・野心や志はない。自分の人生に対して、大きな欲を持たない。
・小さなグチや不満が多い。自分に対して自信がない。
・そのグチや不満に対して、あきらめている。人とは戦わない主義。
・行動原則は、「上司や同僚など、人から嫌われないようにする」

 【肉食系社員】とは、その反対に、次の特徴があります。

・目の前の仕事は、退屈でヤリガイが感じられない。
・いつも、面白いこと、珍しい事、新しいものを探し求めている。
・成功者・有名人・お金持ちは、無条件に大好き。ミーハー。
・成功法則やテクニックを知ると、すぐに試してみたがる。行動的。
・興味の対象は、「スゴイ」こと、「デカイ」ことで、非現実的。
・目の前の面白い話に、すぐに飛びつく。後先考えずにお金を使う。
・自分の中の理想像・目標が高く、今の現実の自分とのギャップに悩む。
・野心的。一番になりたい。年収や昇進昇格にコダワル。欲が大きい。
・見栄っ張りで、人前ではグチ・不満は言わない。根拠のない自信家。
   でも、実は小心者で寂しがりや。いつも人から注目されていたい。
・自分と意見が違う人に対しては、断固、戦う主義。負けず嫌い。
・行動原則は、「平凡で終わりたくない、周りには負けたくない」

 
  皆様の周りに、こんなタイプの方はいらっしゃいませんか?

 ところで、【草食系社員】と【肉食系社員】では、どちらが幸福に
なれると思いますか? 

 私は、数えてみると、毎年2,000人くらいの人とじっくりお会いして、
その人たちを観察するのがライフワークのようになっていますが、
その経験から見ると・・・。

 全体的な傾向を見ると、どうやら「50:50」で同じくらいのようです。

 ただ、明らかにバラツキ具合(分散度)には違いが見られます。

【草食系社員】は、全体的に、「平均」〜「平均からちょっと上」に
集中的に分布しています。
  つまり、小さなグチや不安はあっても、現実的にコツコツとまじめに
慎重に長期的に取り組んでいけば、大きな失敗はないわけです。でも、
リスクを取らないので大成功もしません。よく言えば、安定的です。

 その反対に、【肉食系社員】は、バラツキが大きい。
  自分の欲や志に向けてガムシャラに頑張るので、大成功する人もとき
どき見られます。が、大チャレンジして玉砕し、大失敗に終わる人も多
いのが特徴的です。人生がギャンブルなわけですね。
  とはいえ、会社の経営者・経営幹部、あるいは独立して成功している
人たちの集団では、圧倒的に【肉食系】の比率が高いようです。

 
  さて、コンサルティングやカウンセリングを通して、よく私がしてい
るアドバイスは、実は、【草食系】でも【肉食系】でも共通です。

1.自分のタイプが、どちらにどの程度、偏っているのかを知る事。

  すると、嘆きや不満・悩みは、自ずと自分自身の偏りから発生して
   いることに気付くものです。

2.そのタイプに応じて、「頭・心・体」のバランスをとること。
  
ここで「頭」とは、論理的思考。冷静・客観的に考える事。
問題を見極めて、解決策を考える思考力は、絶対に不可欠です。

  「心」とは、感情や気持ち。自分だけではなく、周囲の人の気持ち
    にも敏感になることが大事。

  そして「体」とは、現実的な行動。行動を変えない限り、問題は
   何も解決できませんから。
  

3.そのバランスをとるのに、助けになるのが、自分とは異なるタイプ
    の人からの協力。

  【草食系】【肉食系】、さらには、【鳥類】【魚類】のタイプも
   いますから、彼らの助言と協力は役に立つはずです。  
 

  では、【鳥類】【魚類】とは、どのような人々でしょうか?

  それは、次回にご紹介していきます。お楽しみに!

                人間観察&精神分析オタク? 
                       門田 由貴子

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆2.エトスからご案内: 現在、受付中のサービスとセミナー

■新シリーズ■デキル人と思わせるテクニックを完全マスターする
  論理的思考力 強化&実践トレーニング(1)
    6月6日(土)13:30〜17:00<銀座>
  毎月1回、思考筋を徹底的に磨きに来ませんか?
お申込は、https://www.ethos-net.com/application/index.php

■新日程■デキるビジネスパーソンの必須スキルを1日で手に入れる!
  「的確な判断を導く 意思決定の技術」
ロジカルシンキング、意思決定、対話の基礎スキルをマスターできます
    6月17日(水)9:30〜17:00<銀座>
http://www.ethos-net.com/bizpower/logicalthinking.html
       ↑詳細はこちら↑

■ビジネスリーダー向け少人数ワークショップ【定員3名】
「2日でマスター! 問題解決の黄金メソッド」
どんな問題もラクラク解決!仕事も人生も思いのままに!
    6月22〜23日(月火)両日とも9:30〜17:00<銀座>
http://www.ethos-net.com/bizpower/solution.html
       ↑詳細はこちら↑

■ 法人向け面談(ビジネス・コンサルティング)
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
  経営改革、職場の問題解決、起業相談などを承っております。 

■ 個人向け面談(キャリア・カウンセリング)
  http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
  天職探し、潜在能力開花、キャリアアップのご相談を承ります。

■ 知恵と活力があふれる組織を創る「会議診断(R)」
  http://www.ethos-net.com/conference_analysis/index.html
   組織を診断して、会議運営と意思決定を改善指導します。  

■イベント詳細は、ホームページの「講演・セミナー」欄にて、
  随時、最新情報をご案内してまいります。
  http://www.ethos-net.com/schedule/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆3.今週のオススメ: 6月6日から「アタマのトレーニング」開始

 書籍『ザ・チェンジ!』は、もうお読みいただけましたでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/dp/4894513439?tag=ethosnetkadot-22/

 この書籍で取り上げたケースでは、組織と人材の能力を大きく向上さ
せるために、「思考習慣病の治療」「アタマのトレーニング」そして、
「ココロのトレーニング」という3種類のプログラムを並行しています。

 その、「アタマのトレーニング」を実践的にワークショップ型で、
しっかりとスキルを身につけていただける講座です。

■新シリーズ■デキル人と思わせるテクニックを完全マスターする
  論理的思考力 強化&実践トレーニング(1)

 第1回は、「デキル人、魅力的なリーダーに必須の【聞く技術】」
   
  もちろん、日本語で、他の人の話す内容をしっかりと受け取り、
理解し、話し手の意図や感情をきっちりとつかみ取り、それを適切に
フィードバックしていくまでの一連のテクニックを修得いただけます。

 ここに参加いただくと、「話を聞く」ということの概念が、根底から
変わりますよ!

<ご参加いただきたい人>
  ・ビジネスリーダーとして、人から尊敬・信頼されたい人
  ・魅力的な「上司」「営業パーソン」になりたい人
  ・人から好かれ、よい印象を持たれたいと思う人
  ・よい人間関係を手に入れたいと思う人
  ・セミナーや研修に参加して、学習能力を高めたい人

<開催要領>
・6月6日(土)13:30〜17:00<銀座>
・実技中心のため、定員8名
・参加費用 ¥21,000
・お申込は、https://www.ethos-net.com/application/index.php

 毎月1回、思考筋を徹底的に磨きに来ませんか?
  このシリーズにご参加いただくことで、確実に着実に、あなたの
ビジネス能力を高めていただけます。

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆4.編集後記:【予告】6月10日に「無料セミナー」が決まりました 
  
 
  6月10日(水)の夜に、ある企業主催でセミナーが開催されます。
まだ詳細は決まっていませんが、無料でご参加いただけます。

 ビジネスでうまくやっていくために、「あなた」の傾向と対策が
ズバリ!と分かってしまう衝撃的で役に立つワークをいくつかご紹介
する予定です。
  これは、メルマガでも書籍でも未公開の手法です。

 ご興味のある方は、今からスケジュールを押さえておいて下さい! 

++++++++++++++++++++++++++++++++

◆5.お陰さまで、三省堂で8位、ツタヤで2位にランクインしました。 

 拙著『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』
http://www.amazon.co.jp/dp/4894513439?tag=ethosnetkadot-22/
  が、お陰さまで好調です。

 出版社から入った情報によると、三省堂有楽町店で週間ベストテンの
8位、ツタヤ有楽町店のビジネス書部門で2位に入ったとのこと。

 やはり、都市部を中心に売れているそうです。有楽町あたりでは、
ギスギスした職場が多く、それだけ需要も多いのでしょうか・・・。

 いずれにしても、ありがたい事です。ありがとうございます。

 
++++++++++++++++++++++++++++++++

 皆様からのご意見・ご感想・ご質問、また、掲載ご希望の話題などを
ひろく募集しております。
  皆様に喜んでいただけて、お役に立てるような情報を発信してまいり
たく存じます。

 ご連絡は、当社ホームページ(http://www.ethos-net.com)画面右上
にある「お問合せフォーム」からお願い申し上げます。

 今号も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

※ 配信希望・送付先変更・配信停止は、以下の画面からお手続きください。
  http://www.ethos-net.com/newsletter/index.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.141◆2009年5月15日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2009, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

エトス・メニュー