ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

企業の業績を左右するのは、社員の●●力

   ◆◆エトス Weekly Press No.129◆2009年2月16日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: 企業の業績を左右するのは、社員の●●力

 2.エトスからご案内:「問題解決の黄金メソッド」を伝授します 
   
  3.今週のオススメ: 花粉症の症状が、ピタリと治まりました!

 4.編集後記: あれ?! いつのまにかGコードが廃止に?

********************************

◆1.今週のテーマ: 企業の業績を左右するのは、社員の●●力

 皆様、こんにちは、門田 由貴子です。

 いろいろな企業で、「経営幹部養成講座」「マネージャー研修」を
担当させていただいております。

 同じ「43歳・管理職」と言っても、その実力の程は、会社によって
実に様々で、毎回、新しい会社で研修をするたびに驚かされています。

 少なくとも、企業規模と社員の能力は、まったく比例しません。

 大企業ゆえに、アグラをかいた怠慢な管理職は、実に多いものです。

 その中でも、特に違いが明らかなのが、問題解決能力です。

 「問題解決」の演習をしてみると、その会社のマネジメント能力や、
企業体質、近い将来の業績が、ほぼ確実に見えてきます。

 管理職や社員の「問題解決能力」が、企業の業績を決めると言っても、
過言ではありません。

 どのように違うのかと言うと・・・。
  典型的な2社で、違いをご説明してみましょう。

【A社の問題解決の様子】  

 ・「問題」を挙げてもらうと、客観的で事実ベースで、かなり具体的
   なテーマが提起されます。

 ・「原因分析」をすると、広範な視野から多面的な分析が行われて、
   知性と探究心、論理的思考能力の高さが伺えます。

 ・「対策立案」をすると、諸理論に裏付けられた確実な対策や、異業
   種の事例をふまえた、実績のある対策が挙がります。

 ・「対策の選定」のフェーズでは、明確な目標や、現実的な条件が
   設定され、当事者意識の高さが透けて見えます。

 ・結果として、かなり現実的で、確実に成果を生み出すであろう提案
   が出てくるので、経営トップから支持されて予算がつき、すぐに
   行動に移して、すぐに結果が出ます。  

 このプロセスで、彼らの思考スピードの速さと、議論の的確さには、
舌を巻くほどでした。
  このA社が毎年、増収増益を更新し続けていることにも納得です。

 

【B社の問題解決の様子】

 ・「問題」は、漠然としていて、何を指しているのか理解不能です。
   明確化・具体化するようにアドバイスしても、主観的な意見が出る
   ばかりで、客観性・論理性が欠如しています。

 ・「原因分析」をすると、出てくる意見は、愚痴や不平不満ばかり。
   経営幹部や上司・部下に責任転嫁をしていて、当事者意識が欠如し
   ています。思考の硬直化、浅薄さ、視野の狭さも気になります。

 ・「対策立案」をすると、いつも、社内でやっている事ばかり。
   それで業績不振を招いているのですから、何か新しい別のことを
   提案して下さい、と頼んでも、日頃から情報収集を怠っているので、
   新しいアイディアを生み出すことが出来ません。

 ・「対策の選定」では、非現実的な目標や、世間知らずな条件ばかり
   が羅列されていて、まともな検討ができません。
   「井の中の蛙」の恐ろしさが、まざまざと見えてきます。

 ・結果として、「業績を上げる」ための提案なのに、なぜか、コスト
   ばかり掛かって、少しも売上が増えそうに思えない提案ばかりです。
   (これで、業績向上は絶望的でしょう・・・)

 このプロセスで、私は何度も注意やアドバイスをするのですが、彼ら
の耳と脳には入りません。ほとんど学習障害と思考停止を起こしている
のに、プライドの高さだけは一流。

 

 さて、この2社の場合。実は、売上高や従業員数は、ほぼ同じ。

 ところが、A社は、増収増益企業。一流企業として、マスメディアに
もよく事例が紹介されています。

 B社は、10年連続の赤字で、ついに自力再建をあきらめた企業。
度重なるリストラで、社内にはすっかり負け犬体質が染み付いています。

 この2社の業績の違いをもたらす要因は様々あると思いますが、
少なくとも、管理職クラスの問題解決能力は、決定的な要因の1つに
思えてなりません。

      
  さて、では、あなたの会社の問題解決能力は、いかがでしょうか?
  それが、今後のあなたの会社の業績を決めるポイントになるはずです。
 
  そして、あなたご自身の、社内でのポジションを決める要因の一つが、
問題解決能力です。

 問題解決能力の高さと出世スピードは、見事に比例します。

 

 
  もしも。企業のため、あなたご自身のために、問題解決能力を高めた
いとお考えになった方は、ぜひ、次のワークショップをご検討下さい。

 超少人数ですから、ほとんど家庭教師のように、手取り足取り、
じっくりとご指導させていただきます。

 ★新企画★  「2日でマスターする!問題解決の黄金メソッド」
  http://www.ethos-net.com/bizpower/solution.html

 一般的な講義やケース演習はせず、「あなたの問題」を具体的に
解決していくプロセスをご体験いただけます。
  

              
                あなたの問題解決サポーター
                         門田 由貴子 
 
              

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.129◆2009年2月16日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2009, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 

エトス・メニュー