ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

運命と宿命を知り、理想の人生を設計する

   ◆◆エトス Weekly Press No.127◆2009年1月29日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: 運命と宿命を知り、理想の人生を設計する

 2.エトスからご案内: 現在、受付中のサービスのご案内  
   
  3.今週のオススメ: あなたの「運命」と「宿命」を知る1日

 4.編集後記: 来週、新企画をご案内できる予定です  

********************************

◆1.今週のテーマ: 運命と宿命を知り、理想の人生を設計する

 皆様、こんにちは、門田 由貴子です。

 皆様は、ご自身の「運命」と「宿命」をご存知ですか?

 「運命」とは、自分の意思と行動によって、自ら切り開き、手に入れ
ていくべき後天的なもの。
  「宿命」とは、生まれた瞬間に既に決まっている、先天的なもの。

 キャリア・カウンセリングという仕事をしていると、この2つの要素
は、絶対に見逃せないポイントです。

 理想の人生を形成して、次のステップに進むためには、常にこの2つ
の要素を頭に入れた上で、「何をすべきか?」を考えていきます。
 

 例えば、「才能を活かして天職を手に入れる」というテーマで考えて
みると・・・。

 先に、先天的に与えられている資質・能力・気質・行動傾向を把握し
ておきます。
  それを、理想の人生のゴールに向けて、後天的に伸ばしていくべき
要素と方法、そして、先天的に欠けているものを補う方法を検討してい
くのです。

 

 例えば、セカンド・キャリアを検討中のA氏の場合。

 A氏の先天的に持っている素質は、知性、技術、独創性。
  恐らく、世の中に類を見ない、画期的な商品やサービスを開発する
才能や、実務遂行能力があると想像するのは容易です。
  何かの領域で、プロフェッショナルとして活躍するのも良いでしょう。

 ところが、A氏は、戦略性、人間関係、空気を読む力が、先天的に
欠如しているようです。
  恐らく、事業経営、財務、営業、組織マネジメントなどの面では、
苦手に感じたり、困難を伴うことが予想されます。
 
  ここまでが、宿命から見た分析です。

 次に、後天的にA氏が身につけてきたもの、現在までのキャリアを
棚卸して、今後の理想のゴールを設定していきます。

 例えば、A氏が「独立して事業をしていきたい」と考えるのでしたら、
それも一つのゴール・イメージです。

 では、この場合のA氏は、具体的に、どのように行動すればいいので
しょうか?

 もしもA氏が、まだ20〜30歳代なら。

 専門家として身を立てられるような職種・職場を選んで、じっくりと
下積みをしながら、その腕を磨くのが良いでしょう。
  同時に、その職場の中で、チームワークや対人関係を学び、意識して
経理会計や経営戦略などを勉強していくべきです。

 もって生まれた素質を伸ばすことと、先天的に不足している分野を
後天的な努力で補うことの、2本立てでキャリア計画を立てます。

 あるいは、A氏が既に50〜60歳代なら。

 これまでの経験で身につけた能力を中心に、事業の骨格を決めて、
財務や経営戦略の分野に明るいパートナーと、組織マネジメントや人間
関係が得意なパートナーを探すことが必要となります。

 つまり、苦手分野を今から克服しようと努力するより、それが得意な
人の力を借りて、チームとして事業を運営するべきです。 

 
  なぜ、こういう方向性が出るのか?

 次の考え方が、キャリア設計のベースとなるからです。

1.世の中で「勝負」に出るためには、先天的な素質を活かした方が、
   成果が出やすい。長く継続しやすい。世間から評価されやすい。

 だから、無い物ねだりや、他人への憧れで、自分の将来像を決めるこ
とは、かなり危険なことです。
  それよりも、しっかりと自己分析をして、自分が持って生まれた素質
を知ることが、キャリア選択の王道となります。
 

2.どのような「才能」でも、それを開花させるためには、一般的に
   最低10年〜20年の努力と実務経験が必要。

 先天的な資質・素質のある分野を選ばなければ、10年、20年と続けて
努力する気にはなれません。
  「これだ!」と言えるものを選んだら、時間をかけてじっくり努力を
して、やっと世間から認められるレベルになります。

 ときどき、20代の若者が「若くして成功したい」と言うのを聞きます
が、この点をよくご理解いただきたいと思います。
  実際に10代、20代で成功している人は、幼少期からプロとしての厳し
い教育を受けてきた人なのです。

3.一人で完璧・全能な人間を目指すことは無理。

 私達は人間であって、全能の神ではありませんよね?
  いくら努力してみたところで、素質のないものは、才能に育ちません。

 つまり、自分に無いもの、不足しているものは、素直に認めましょう。
その上で、その要素を持っている人とのパートナーシップによって、
相互に補っていけばいいのです。
 
  よく、「人は一人では生きられない」「支えあうから人」などと言い
ますが、トドノツマリは同じことです。

 自分の得意分野・才能で、他人のために貢献する。
  自分の苦手分野では、他人から協力していただいて、感謝する。

 そうすることで、複数の人間が集まったチームとしての完全形を目指
す方が、物事はうまくいきます。

 例えば、昔話の「桃太郎」だって、一人で鬼退治に出かけたのではな
く、犬・猿・雉というお供を連れて、チームを創りましたよね?

 
  逆の視点から言えば、良いチームを創るためにも、メンバー1人ひと
りの個性や才能・資質などを、上司はよく把握しておく必要があるので
す。

 なぜなら、誰にも、その人ならではの「役割」があるからです。

 組織マネジメントも、結局は、1人ひとりの人間をどう活かすか?
リーダーとしての自分の得意・不得意は何か? という点が大事です。

 組織変革というテーマで企業にコンサルティングに入る場合でも、
1人ひとりの特性を把握した上でのチームビルディングが大事なポイン
トとなります。

 まずは、1人の人間を多面的に理解する事。

 それが、人のキャリア設計でも、チームビルディングでも、重要な
視点である事に変わりはありません。 

 

 さて、「キャリア設計」のイメージが、なんとなくお分かりいただけ
たでしょうか?

 また、キャリア・カウンセリングでは、さらに、個人の方の事情や、
現在の置かれている立場によって、もっともっと詳しく具体的なご相談
に乗らせていただいています。

 クライアントは、20代〜60代まで、テーマも多種多様です。
 
  
  もしも、あなたが、ご自身の運命・宿命を知り、理想の人生を手に入
れたいと思われたなら、次の2つの方法でお手伝いさせていただきます。

(1)1dayワークショップ

 2月14日(土) 1dayワークショップ
  「天賦の才能・資質・運命のDNAを知り、理想の人生を設計する」
    http://www.ethos-net.com/jinsei/index.html
     (ショートカウンセリング付き)

 世界で一番わからない「ご自分自身」と、その資質や才能の活かし方、
天職を手に入れる方法を、複数の演習を通して、多面的に手に入れて
いただけます。

 

(2)個人向けキャリア・カウンセリング面談
    http://www.ethos-net.com/mendan/index.html#forman

 「事前シート」をご提出いただくことで、事前に私がいろいろな観点
で分析させていただきます。その結果に基づいて、1〜2Hの面談で、
ご相談に乗ったり、アドバイスさせていただきます。

 
  この世に生まれてきた人は、誰もが、かけがえの無い存在であり、
その人ならではの役割と才能があります。

 その役割を演じきり、才能を世界のために活かすことが、あなたの
「幸福」や「天職」となります。

 そのために、ご自身を深く多面的にご理解して下さい。
  それが、第一歩です。

             
             ハッピー・キャリア・プロデューサー
                     門田 由貴子 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.127◆2009年1月29日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2009, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

エトス・メニュー