ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

波乱の時代を乗り切るのに必要な力

   ◆◆エトス Weekly Press No.125◆2009年1月7日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: 波乱の時代を乗り切るのに必要な力

 2.エトスからご案内: 現在、受付中のサービスのご案内  
   
  3.今週のオススメ: あなたの才能と人生の設計図を手に入れる

 4.編集後記: お歳暮・お年賀状を、ありがとうございました。  

********************************

◆1.今週のテーマ: 波乱の時代を乗り切るのに必要な力

 皆様、新年あけましておめでとうございます。門田 由貴子です。

 この年末年始は、9連休になった方も多いようですね。
皆様は、どのような新年を迎えられましたでしょうか?

 
  年末年始によくある、2008年を総括するテレビ番組を見ているうちに、
共通して気になるテーマがありました。
  それが、「リスクテイク」です。

 例えば、昨年かなり話題になった「毒入り餃子」の問題。

 その後、多くの家庭で、高額でも信頼できる国内産を買うか、危険を
覚悟しながらも安い海外製品を買うか、議論になったようです。
 
 

 例えば、「派遣切り」の問題。

 多くのマスメディアの論調は、派遣契約を打ち切られた可哀相な人々
と、無慈悲で冷酷な経営者、という対比をしているようです。

 しかし、元々「派遣」という労働形態は、そういうものだったはず。
  企業の繁忙時に、正社員だけでは対応できない仕事を、臨時に一時的
に派遣契約の人に任せるもの。
  それなら、生産量減少に応じて、契約終了となって然るべき。
  働く人も、それは初めから承知しているはず。

 その雇用不安というリスクの代わりに、一つの企業に拘束されない
気楽さや、流動性などのメリットを手に入れていたはずです。

 メリットだけ歓迎して、リスクを忌避して、問題があれば責任を
政府や企業だけに押し付けるのは、フェアとは言えないでしょう。

 

 例えば、「サブプライムローン破綻」の問題。

 元々は、低所得者が住宅を取得できるようにした金融商品です。
  そのお陰で、多くの人が家や車を持ち、米国をはじめとして、世界中
の経済は潤ってきたわけです。

 その中でも特に儲かったのは、小口証券化という手法を考え出して、
世界中の投資家にリスクを分散させて、手数料を稼いだ金融機関でしょう。

 リスクが巧妙に、薄く広く分散されていたがゆえに、問題が発生する
と、その影響は世界全体にまで及んてしまいました。

 つまり、元々、リスクを回避してメリットだけ享受しようとした、
いわばズルイ発想があったからこそ、起こった現象とも考えられます。
 

 こうして迎えた2009年。

 どうやら、様々な領域において、そして、個人の生活や生き方におい
ても、「リスクテイク」というテーマに、真剣に向き合うべき年なの
ではないでしょうか?

 世界が好況の波に乗っている間は、リスクや問題はそれほど気になら
ないものですが、不況に転じたとたんに、様々な支障が眼に見えるよう
になってくるものです。

 例えば、個人の場合。

 キャリアカウンセリングや人材開発と言う観点で見れば、誰にでも
必ず、長所があれば短所もあります。
  得意領域があれば、不得意なこともあります。

 先天的に得ている資質がある反面、後天的に努力や自制しなければな
らない面もあるわけです。

 メリットとデメリットが、切り離しできない関係であるのと同じに、
才能と欠点も表裏の関係です。

 才能を追求して、満足や充実感を得る一方で、自分自身の中に潜む
リスク要因をしっかり見極めて、リスク対策をしていかなければ、
いつ足をすくわれることになるかもしれません。

 個人の中に潜む「光と影」。
  その両面をよく理解して、しっかりと受け入れて初めて、精神的に
自立した「個」が確立されるように思えてなりません。

 そうして、個が確立されると、自分の中に主軸とも呼ぶべきテーマが
見えてきます。
  これは、どのような危険が襲ってきても、自分を支えてくれる基盤で
す。

  
  つまり、波乱の時代は、安穏として、自分の人生を流れのままに任せ
ているわけにはいきません。

 自分の中に、主軸をもつこと。
  自分の中の光と影、強みと弱みをしっかりと理解した上で、自分の
人生を行きぬく戦略をもつ必要があります。

 そして、もう一つ。

 他の人の視線や、世間の評判に惑わされずに生き抜くためには、誰に
とっても、希望が必要です。

 あなたは、この人生で、何を手に入れようとしていますか?
  あなたは、命をかけて、何を成し遂げようとしていますか?
  その先に、どのような喜びや幸せがあるのでしょうか?

 波乱の時代を乗り切るのに、もっとも必要な力。

 それは、自分自身をよく知り、人生の主軸をもつこと。
  そして、自分の心を導いてくれる、希望の光を持つこと。

 どうぞ、2009年が、皆様にとって素晴らしい1年となりますように。

                幸福案内人   門田 由貴子               

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.125◆2009年1月7日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2009, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

エトス・メニュー