ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

過去を振り返ると見えてくるもの

   ◆◆エトス Weekly Press No.111◆2008年8月8日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: 過去を振り返ると見えてくるもの

 2.エトスからご案内: 当社の夏期休暇、イベントのご案内
   
  3.今週のオススメ: 各分野のリーダーの、昔の苦労話が満載です

 4.編集後記: 今日は何の日?

********************************

◆1.今週のテーマ: 過去を振り返ると見えてくるもの
 

 皆様こんにちは。門田 由貴子です。

 先日、あるメディアからの取材を受けて、たくさんのご質問にお答え
していました。

 その掲載記事は、こちらからご覧いただけます。
  http://www.trenders.co.jp/new_html/t-leader/shoukai-395.html

 中には、とっさに答えにくい質問もありました。

 私の場合は、「仕事で最も苦労した時のエピソードを教えて下さい」
あるいは、「一番苦しかったのはどのようなときでしたか?」という
ご質問には、すぐには答えが思い浮かびませんでした。

 なぜか?
  少し考えてみると、自分が認識していない自分が見えてきました。

 その一つが、「過去志向性」「未来志向性」です。

 一般的に、人がモノを考える際の傾向の一つとして、
A)過去に経験したことを判断基準において、未来を考えるタイプと、
B)過去を忘れて、現在からひたすら未来に向けて考えるタイプと、
C)その折衷型
  の3タイプに分類されます。

 この場合、A)は、過去志向性が強いタイプ。  
       B)は、未来志向性が強いタイプ。
       C)は、この両者をバランスよく持っています。

 例えばA)タイプは、昔の写真をきれいにアルバムに整理して、その
アルバムをリビングに置いて、友人が来たときによく見せる人たちです。

 過去の思い出を大事にして、思い出話に花を咲かせることに時間をか
け、それを楽しいと感じることが多いようです。

 卒業アルバムや、誰かからもらったプレゼントなど、過去の出来事や
思い出につながるモノを、大切に保管している人も多いでしょう。

 そして、意思決定する際には、「以前に〜〜なことがあったから、
次も〜〜になるだろう」という具合に、以前の経験を判断根拠において
現在と未来を考えるタイプです。

 一方、B)タイプは、過ぎ去ったことは、どんどん忘れていき、常に
「次は何をしようか?」「将来の〜〜のために、今は何をすべきか?」
という具合に、未来から現在を考えます。

 ですから、写真や卒業アルバム、思い出の品々に思いをめぐらすこと
はほとんどないので、気軽にホイホイと捨ててしまいます。

 よく言えば、過去に捕らわれない。悪く言えば、過去の恥も痛みも
忘れて、学びが少ないのかもしれません。

 意思決定する際には、過去を振り返ることなく、未来の目標に向かっ
て、「自分はどうなりたいのか?」「何を手に入れたいか?」と、
将来を考えます。

 
  では、あなたは、A)過去志向性と、B)未来志向性の、どちらが
色濃く出ていますか?

 

 さて、冒頭の話に戻りますと。

 私が答えづらかったのは、過去の思い出や経験談。
  質問されてから、しばらく考える時間を頂きました。

 つまり、私の場合は、B)タイプ。
  過去志向性が低く、ほとんど過去を忘れて生きているんですねー。

 そういえば、小学校の卒業アルバムを捨てようとして、母からひどく
怒られたことがありました。

母「こういうものを捨てるんじゃないの!」
私「どうして? だって、何の役にも立たないジャン?!」
母「役に立たなくても、大事なものなの!」
私「え〜?そうかな〜・・・」 

 そのときは、しぶしぶと本棚の奥に戻しましたが、その後、一度も
取り出して、中のページを開いた事はありません。
  たしか、引越しのタイミングで、こっそり捨てちゃったはずです。

 こんな、過去を忘れて生きている私が、インタビューの質問によって、
半ば強制的に、社会人になってからの年月を振り返ることになりました。

 すると・・・。

 当時はムカついたこと、理解不能だったことでも、今になってよく
考えてみれば、そこから学ぶべきことが実に多いんですね。

 つまり、バカ娘でアホOLだった当時は、たいして考えもせずに、
「ヤダー!」「ムカつく!」で片付けていたようなことも、今になって
振り返ってみれば、親や先生、上司が私を指導しようとして下さった
ことだと、やっと理解できます。

 そう考えると、今日まで、なんと多くの方々にご迷惑をおかけして、
なんと多くの方々から有り難いご指導をいただいてきたことか・・・。

 しみじみと、周囲の方々への感謝の気持ちが沸いて来ました。

         (今頃遅いよ!と言われそうですが・・・)

 

 「旅の恥はかき捨て」と言いますが、私の場合は、毎日の恥もかき捨
てて来たわけです。
  振り返れば、顔から火が出るほどのみっともないこと、未熟者ゆえの
失敗談がワンサカ。
        (たしかに、忘れてしまいたいのも事実ではあります)

 しかし、冷静に客観的に見つめなおしてみれば、過去の記憶は、
貴重な教えの宝庫です。
  それらは、現在に活きる、そして将来のために役立たせられる、
貴重な教訓です。

 過去を振り返るきっかけを与えてくださったメディアの方に、心から
御礼申し上げます。

 そして、未熟な私をご指導下さった沢山の方々に、改めて感謝の気持
ちをお伝えしたいと思います。ありがとうございました。

 

 夏休みの時期です。多くの方が、帰省されたり、旅先でゆっくりと
お過ごしになると思います。
  皆様も、ほんの1〜2時間ほど、過去を振り返ってみてはいかがで
しょうか?
  思い出話に花を咲かせる中から、思いがけずに、新たな気づきや発見、
教訓が手に入るかもしれませんよ。

           
            ハッピー・キャリア・プロデューサー
                        門田 由貴子
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.111◆2008年8月8日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2008, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 

 

エトス・メニュー