ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

あなたは、誰の夢のために生きていますか?

   ◆◆エトス Weekly Press No.109◆2008年7月24日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: あなたは、誰の夢のために生きていますか?

 2.エトスからご案内: あなたの「理想の将来」が見えるンです!
   
  3.今週のオススメ: あなたの人生の目標が見えてくるかも?

 4.編集後記: 待ってました!ハリー・ポッター最終巻!!!

********************************

◆1.今週のテーマ: あなたは、誰の夢のために生きていますか?
 

 皆様こんにちは。門田 由貴子です。

 先日、本を読んでいて、こんな言葉に出会いました。

「死ぬほどやりたいことが見つかっていない人間は、
   生きることに適さない」 

 牧師であり、公民権運動家として名を残した、マーティン・ルーサー・
キングJrの言葉です。

 つまり、人生における天命や使命、夢や目標を明確にした上で、それ
に向かって懸命に生きろ!
  天命も夢も見つかっていない人は、「生きている」とは呼べないぞ!
  ということでしょうか。

 なかなかキビシイですね〜。

 では、皆様は、「死ぬほどやりたいこと」は、見つかっていますか?
人生で「絶対にこれだけは成し遂げたい」と言えるものを、ハッキリと
ご自身で認識していらっしゃいますか?

 おそらく、この問いに対するスタンスは、次の3つでしょう。 
 
(1)死ぬほどやりたいことが判っていて、既にそれを実行している人

(2)死ぬほどやりたいことは在るが、それに着手できていない人
 
(3)死ぬほどやりたいことが、まだ見つかっていない人。
    あるいは、それをやり終えてしまって、今は次の目標がない人

 あなたは、どのタイプに入りますか?
 

 上述の牧師に言わせると、(1)のタイプだけが、人間として真の
意味で「生きている」と呼べるのでしょうか。

 う〜ん、こう考えると、「生きることに適している」のは、一体全体、
日本人の何パーセントくらいになるのでしょうか?
 

 実際に、私が普段から個人的に「友人」として接している人々は、
(1)のタイプがほとんどです。
 
  多くは、経営者・専門職として、独立して仕事をしていて、ご自身の
夢に向かって邁進しています。
  会うたびに、お互いに、「〜〜を達成したので、次は〜〜をしたい」
と、実にポジティブで積極的な会話で盛り上がります。

 まさに、「夢に向かって生きている」人達で、元気のカタマリのよう
にエネルギッシュです。

 しかし、コンサルティングや研修、カウンセリングなどの「お仕事」
を通してお目にかかる方は、(2)や(3)のタイプがほとんどです。

 ある人は「夢はある」と言うものの、その方の口から出てくる言葉は、
「でも〜〜」「〜〜だから・・・」と、夢を実行に移せない言い訳ばか
りです。

 きっとこの方は、生涯、言い訳を続けていて、夢を生きなかったこと
を後悔しながら亡くなっていくのでしょうね。

 別の人達は、さも分別くさい顔をして、こう私に教えてくれます。

「夢にニンベンをつけると、なんて読むか知ってますか?
  儚い(はかない)って読むんですよ。
  つまり、夢なんて実現できないものなんです。
  人間30歳過ぎたら、夢なんてキレイさっぱり忘れて、生活のために
  働かなきゃイカンですよ・・・」と。

 こう言い放った彼は、今の生活や生き方で、幸せなのでしょうか?
 
  生活費を稼ぐために、自分の夢を押し殺して仕事をしていて、
それでご満足なのでしょうか?

 

 私は独立する前(6年前)に、一日だけ「起業準備セミナー」という
のに参加しました。
  そのとき、最前列にいて熱心に受講していた男性が、私を心底びっく
りさせてくれたのを、今でもハッキリと覚えています。

男性「私はこのセミナー、通い続けて10年以上になります」
門田「えっ!?! いつ起業されるご予定なんですか?」
男性「良い商材がみつかれば、いつでも起業したいんですがねぇー」
門田「商材は、どうやって探していらっしゃいますか?」
男性「え? 商材って探すものなんですか?」
門田「では、ご自身で企画開発されるんですか?」
男性「そんなの、ムリに決まっているでしょ?!」
門田「え?・・・」絶句。
    (この人、本当に起業する気あるのかしら?)

 彼は、「いずれ起業する予定なんです」と言いながら、サラリーマン
を続けている今の状態が、お気に入りなんでしょうね。
  おそらく彼は、サラリーマンとして定年を迎えることでしょう。

 こう思い出してみると、日本には案外、ゾンビがいっぱい生息してい
るのかもしれません。

    ***

 さて、私が中学生の頃に読んだ本に、こんなことが書いてありました。

「人間には2種類ある。
  1つは、自分の夢を生きる人たち。
  もう1つは、自分では夢を持たないから、他人の夢のために自分の
  人生を捧げる人たちだ」

 確かに、ハッキリとした夢や天命・使命があれば、迷うことなく、
その夢に向かって、まっすぐに自分の足で進みますよね?

「でも、夢がない人は、立ち止まったまんま。
  足がないのと同じだから、自分の意思では、右にも左にも行けない。
  そして、周りに流されて動いていく。
  流されてたどり着く場所は、必ずしも幸福とは限らない。
  でも、着いてから「こんなところに来たくなかった」と言っても、
  誰にも助けてもらえない・・・」

 というようなお話でした。
 

 下手なホラー映画より、私の心を凍りつかせた記憶があります。

 「夢を持って生きろ!」「主体的に、自分の人生を選び取れ!」と
いうのが、このお話の趣旨なのでしょう。
 
    ***

 ところで、夢をもてない人は、現実的にどうなるのでしょうか?

 日々お腹はすくし、家賃も払わないといけない。
そこで、生活費を稼ぐために、時間と労力を売って仕事をするわけです。

 では、その仕事は、そもそもは誰の仕事ですか?

 もしかすると、ある夢を持っている人がいて、その人をサポートする
ために、あなたのその仕事があるのではないでしょうか?

 結果的にあなたは、夢を持った人のために、あなたの人生を捧げて
いるのと同じではありませんか?

 そう、それが、「誰か他の人の夢のために生きている」ことです。
 

    ***

 なんだか今日は、「ゲゲゲの鬼太郎」風?になってしまいました。
  真夏ですから、時には背筋が冷たくなるお話でも・・・。

 さて、ここでいつもの調子に戻しましょう。

    ***

 あなたは今、あなた自身の夢を生きていますか?
それとも、誰か他人の夢のために、人生を捧げているのでしょうか?

 どうぞ、この夏休みは、本気で「あなたの夢」「理想の人生」を
考えてみて下さい。

 もしも、あなたの夢や理想の人生、そして、あなたの天命や使命を
考えるのに、サポートが欲しいと思われた方には、次のワークショップ
をお薦めいたします。
 

★ズバリ!と、ご自身と人間関係が理解できるようになります。
================================
  ご自分自身を、深く多面的に理解できる! 他人を理解できる!
「天賦の才能・資質・運命のDNAを知り、理想の人生を設計する」
       http://www.ethos-net.com/jinsei/index.html
  (個別カウンセリング付き、ホロスコープ作成ソフトウェア付き)
================================
  8月9日(土)のクラスは、お席が徐々に埋まりつつあります。

 このワークショップの最後には、スピリチュアルな方法を使って、
「未来の理想の人生を生きているアナタ」に会いに、タイムスリップ
していただきます。

 このワーク、思いのほか好評のようです。

 前回は、57歳の方が「次のキャリアが見えた!」と宣言されて、
ご参加の皆さんを大いに勇気付けて下さいました。

 「漠然と感じていたものが、ハッキリと画像になって現れた!」と、
大興奮で「夢」を手に入れた方もいらっしゃいました。 
 
  ぜひ、この夏、「理想の生き方」を手に入れて下さい。

 まずは、夢を見ることから、あなたの本当の人生が始まります。

            
             あなたの夢先案内人  門田 由貴子
   

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.109◆2008年7月24日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2008, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 

 

エトス・メニュー