ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

部下や後輩から、深く信頼・尊敬されるために

   ◆◆エトス Weekly Press No.101◆2008年5月30日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆《目次》***************************

 1.今週のテーマ: 部下や後輩から、深く信頼・尊敬されるために

 2.エトスからご案内: 上司力を磨くワークショップを開催します
   
  3.編集後記: 自分へご褒美をあげて来ました 

 4.配信停止・送付先変更の手続き方法

********************************

◆1.今週のテーマ: 部下や後輩から、深く信頼・尊敬されるために

 
  皆様こんにちは。門田 由貴子です。

 今回は、マネジメントを改善して、強いチーム、快適な職場を創るた
めの方法をご紹介いたしましょう。

 一般的に、企業で従業員満足度調査を行うと、必ずといって良いほど、
「上司が、部下のことをきちんと理解してくれていない」ことが、不満
のワースト3に入ります。

 ところで、よく調べてみると、上司は普段から職場内のコミュニケー
ションに努めていて、部下のことを充分に理解していることが多いので
す。それなのに、部下は不満に感じています。

 注意して読んで下さいね! ここが肝心な点です。
 
  部下にとっての不満の本音は、
「上司が、部下のために充分に努力をしてくれていることを、部下自身
には感じられない」ことにあるのです。

 つまり、上司が部下のことをどの程度理解しているかは、実はたいし
て問題ではありません。
  それよりも、上司が部下を理解するために、時間と情熱、エネルギー
を真剣に傾けてくれていることを、部下自身が実感しているか、いない
か、ここが問題なのです。

 部下の本音は、上司に対して、
「もっと僕のことを、かまって欲しい」
「もっと私のために、愛情を注いで欲しい」、ということなのです。

 ですから、最低でも半年に1度は、部下1人のために、充分な時間を
確保して、じっくりと部下の話を聞いてあげる必要があります。
  上司の時間と情熱を傾けることが期待されているのです。

 でも、ただのオシャベリをしてはダメですよ!
  ましてや、上司の立場から部下の能力を評価したり、注意したりも
ダメです! それでは、せっかくの会話の時間が、部下にとっては
「いやなお説教」に成り下がってしまいます。

 では、どういう話をすればいいのでしょうか?

 はい、具体的なメソッドが、5つほどあるんです。

■ 社員1人ひとりの仕事観を深く理解する方法、です。

 そのうち1つだけご説明すると・・・。

 使用するものは、「価値観カード」といくつかの資料。

 これを使って、部下にとって重要なカードを、優先順位を付けて並べ
てもらいます。
  そして、優先順位の高いカードから順に、そのカードに書かれた言葉
の意味を説明してもらうように頼んでください。

 ここが大事なポイントです。

 上司は、ひたすら、聞き役に回って下さい。決して、ご自分の意見を
言ったり、「それは違うよ」などと否定してはイケマセン。

 部下の話をじっくりと聞き、より深い話を引き出すために、
「へぇ〜、そういう風に考えていたんだ〜・・・、知らなかったなぁ〜」
という具合に、真剣に、引き込まれて、感動しながら、部下の話を聞い
て下さい。

 ここでの目的は、あなたが部下の仕事観を理解することと同時に、
「部下の話を、ものすごく真剣に情熱的に、感動しながら聞いているん
だよ」ということを、部下本人にアピールすることにあります。
   
  このアピールに成功すると、部下はやっと、
「上司は、私のことを本気で理解しようとしている」
と認識してくれるようになるでしょう。
   
  難しいことではありません。30分もあれば充分です。

 
  実は、このメソッドを使って、社員の気持ちをじっくりと引き出して
おくと、上司と部下が信頼関係を築いたり、チームワークを高めるため
の諸施策の効果が、非常に高くなるのです。

 
  ところで、いくら効果的なメソッドでも、上記のように、あっさりと
説明しただけでは、ご理解いただけないと思います。
  しかも、実行するに当たっては、注意事項がたくさんあるのです。

 そこで、経営者・管理職・上司のお立場の方のために、新しい企画を
ご用意させていただきました。
 

<目的>
  ・強いチームづくり、快適な職場づくり、
  ・優秀な部下を育成するための、信頼関係作り
  ・上司と部下、チーム内でのコミュニケーションの活性化

<参加対象者>
  ・経営者、管理職、上司のお立場の方

<セミナー名称>
「経営者・管理職・上司のための、
   強いチーム・快適な職場をつくる【部下理解の方法】」

<日程・内容など> 詳細は、こちらをご覧下さい。
  http://www.ethos-net.com/buka-rikai/index.html

「キャリアアンカー」「価値観カード」「効果的なメッセージの伝え方」
などを、演習を通して実践的にお伝えいたします。

 また、すぐに使えるツール類も一式、お渡しいたしますので、職場に
戻ったらすぐに実行いただけます。

 これをマスターされると、あなたは、部下から尊敬され信頼される、
魅力的な上司に変身できますよ!

              あなたの上司力を磨くお手伝いをします 
                        門田 由貴子

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.101◆2008年5月30日号◆◆

      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子

  (C)Copyright 2008, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

エトス・メニュー