ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

感動したい方、人間の美しい心に触れて涙したい時に

   ◆◆エトス Weekly Press No.62◆2007年7月12日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
           http://www.ethos-net.com


◆《目次》***************************
 1.門田由貴子より: 感動したい方、涙したい時に
 2.エトスからご案内:「夢を叶える速読術」16期は満員御礼です
 3.編集後記: 皆様の夏休みのご計画は?
 4.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************


 こんにちは。今週は、弊社は一足お先に夏休みを頂いております。

 なので、いつもとはちょっと違う「エトスWeekly Press」をお楽しみ
下さいませ。


++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.門田由貴子より: 感動したい方、涙したい時に


 皆さんが、最近、涙を流して感動したのは、いつの事ですか?

 「心を亡くす」と書いて、「忙しい」と読みます。
 あまりに忙し過ぎる毎日が続くと、目の前のことに追われてしまい、
いつの間にか、殺伐とした気持ちになったり、人の心の温もりをないが
しろにしてしまう、なんてことも有りますね。

 そんなときに、心をリセットする良い方法の一つが、涙を流して
「泣く」ことなんです。

 え? 大人になってから泣いたことがない?
 え? 涙を流すなんて、恥ずかしい?

 人間なら誰しも、喜怒哀楽の感情を持っていますね。
 嬉しいときに笑う・喜ぶのと同じくらい、悲しいときに嘆く・泣くと
いう感情をしっかりと味わう事も大事なんですよ。

 そうすることが、心のバランスを取り戻し、人としての心の豊かさを
高めるために効果的なのです。



 さて、それでは、忙しい毎日の中でも、ほんのちょっとした時間で、
感動したり、人の美しい心にふれて涙するのに、非常に有効なツールを
ご紹介しましょう。

 それは、私の友人でもある、中山和義氏の新作なんです。

  『大切なことに気づく24の物語』
 http://www.forestpub.co.jp/amazon/24mono/

 15日(日)までキャンペーンをやっていますので、特別プレゼントも
手に入れることができます。


 発行と共に、私も1冊頂戴いたしまして、すぐに読了いたしました。
 薄い本なので、本当にあっという間に読めます。

 しかし! 内容はとっても厚いですよ。

 しみじみと、じんわりと味わえるお話あり。
 涙があふれ出てしまうお話あり。
 人って、素敵だな〜と思える美談あり。

 プレゼントとして、誰かに差し上げるにも最適です。

 あるいは、ビジネスリーダーの皆様だったら、スピーチの話題や、何
か魅力的な話題を提供するためにも、きっとお役に立つはずですよ。

 ちなみに、中山和義氏は、経営者としても非常に優秀かつ魅力的な方
で、自社での試行錯誤の末に導き出した手法では、あの船井総研からも
注目されるほどのノウハウを確立された方です。
 ご自身で「社長通信」というニュースレターを書き続けてきた中から、
特にお客様から評価の高かった話題を集めたものの集大成が、今回、出
版されたこの著作となっています。


 1人で読んで、こっそり涙するも良し。

 夏休みや週末に、家族揃って読んでみて、しみじみと話し合ってみる
のにも最適な本ではないでしょうか?


  『大切なことに気づく24の物語』
 http://www.forestpub.co.jp/amazon/24mono/

 手に入れるなら、15日(日)までがお得ですよ!


          夏休み良書普及委員会の幹事  門田 由貴子





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
  ◆◆エトス Weekly Press No.62◆2007年7月12日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!

(C)Copyright 2007, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

エトス・メニュー