ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

思考と創造性を深める「脳ミソ全開ツール」を手に入れる!

-----------------------------------------------------------------
   ◆◆エトス Weekly Press No.46◆2007年3月20日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
           http://www.ethos-net.com

◆目次 ****************************
 1.今週のテーマから: 人が本当に「成長する」方法は?
 2.門田由貴子より: 脳ミソ全開ツールを手に入れる!
 3.エトスからご案内: 講座・イベントご案内
 4.編集後記: まちのよろず屋、復活
 5.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************

 こんにちは、エトス プレスチームの加藤和子です。

 まちを歩けば、卒業式帰りとおぼしき晴れ着のグループに出会う季節
となりました。
 「私達にもあんな時期があったよね」と、彼らをサカナに、卒業○○
年の我らも懐かしく語り合っております。

 お花見の計画をした矢先、冬が戻ってきたような寒さですが、昼の陽
だまりの明るさは、すっかり春の色ですね。

 さて、今週も「エトス Weekly Press」を、お届けいたします。


++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.今週のテーマより: 人が本当に「成長する」方法は?

 世間は卒業シーズンまっさかり。
 先日、知人からお子さんの卒業文集を見せてもらって、オールカラー
のかっこいいレイアウトや内容の濃さに驚きました。

 「子ども達が率先して作ったのよ」と知人の談。
 文集作りを通して、自分たちで在学期間にあった出来事を調べたり、
教えあったりしたそうで、その結果、「とてもいい勉強になり」、この
経験を通じて、創造性を発揮し、成長したようです。

 そう、人が成長するタイミング/方法とは、どう考えても、学校の授
業で、黙って聞いているときではないですよね。

 実際に手を動かしながら、アレコレと多面的に考え、いろいろな刺激
を脳ミソに与えたときこそ、理解・学び・気付きが深まりますし、人は
創造性を発揮し、成長することができるようです。

 今回は、この「脳ミソに刺激を与える」ツールをご紹介いたします。

                          加藤 和子

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆2.門田由貴子より: 脳ミソ全開ツールを手に入れる!

 昨夜見ていたテレビ番組で、脳外科の専門医が、「脳」という観点か
ら、こういう話をしていました。

「人の脳には左脳と右脳があり、それぞれの役割を果たしている。
 しかし、日本の学校教育では、計算や暗記など、左脳ばかり使わせて
 いて、偏差値・学力や人間の価値を左脳の力で決めようとしているの
 は、大きな間違いだ。
 本来の人間は、右脳を活用すると、底知れない能力を秘めている。
 左脳ばかりではなく、右脳の力を使った能力を総合的に評価できるよ
 うな教育・社会に変えていくべきだ。」と。

 まったく同感です。

 歴史的な偉業を成し遂げた人物は、いずれも斬新な発想、大胆な行動、
そして、人間としての器の大きさや魅力を持っていたはずです。
間違っても、いわゆる「お勉強ばっかりの秀才」ではありませんよね?
 つまり、右脳の力を充分に発揮していたのです。

 以前にも書きましたが、子供の頃から続いているマイテーマの1つが、
「頭の良い人になる」です。

 ここで言う「頭の良い」とは、間違っても、計算や暗記が得意な、つ
まりペーパーテストの得意な、左脳人間を指す訳ではありません。

 むしろ、
 ・その人自身の本当の幸福を追求して、人生を生きぬく力をもつ
 ・関わる人々の幸福や発展を支援できる
 ・その人が所属する社会・団体・企業・組織・家庭などのコミュニ
  ティを、発展させ成長させるリーダーシップを発揮する
こういう人こそ、「頭の良い人」ではないかと思います。

 それには、まず、その人が持っている「才能の発揮」が第一。

 出来ない事を無理して取り組んでも、本人はおろか、周囲の人にも迷
惑をかけ、心配を撒き散らしますので、不幸になるだけです。

 それより、その人の個性や、その人ならではの天才性(才能)を余す
ことなく存分に発揮する事が出来て、初めて、本人も周囲も真の幸福を
手に入れることができる。
 私はこう信じています。

 そして、「才能」とは、右脳の力と左脳の力を統合的&総合的に発揮
して初めて、大きく花開くものではないでしょうか?

 しかし、多くの企業人は、頭が固い。視野が狭い。
左脳ばかりで、論理的に計算はするが、そこに血の通ったものがない。
損得勘定では、人の心は動きません。

 右脳が持っている認知力・創造力などの底知れない力を発揮すること
ができれば、もっとパワフルで、もっと魅力的になれるのに・・・。

 そこで。

 ぜひ、皆さんにご紹介したいツールがあります。
左脳と右脳の力を統合して、その人が本来持っている才能を発揮するた
めの「脳ミソ全開ツール」です。

 これを使いこなすと、
   ・思考がクリアになり、さらに深堀できる。
   ・仕事の効率が上がり、物事の本質を追求できる。
   ・潜在的な能力が発揮できる。
   ・爆発的な発想・創造性・アイディア・気付きを引き出せる。
   ・自分が、他人が、社会がよく理解できるようになる。

 こんなにも便利で効果的なツールが、「マインドマップ」。
 脳の専門家が開発した、「脳の活性化ツール」なのです。

 ただし、大きな効果を生み出すために、必要な事が1つだけあります。

 【正式に、理論と作成要領を学ぶ事】

 自己流では、まったく効果が出ません。
だからこそ、正式に、きちんと学んで欲しいのです。

 マインドマップ公認インストラクターの石ヶ森氏から、直接、学んで
いただける機会を皆様にご提供いたします。

 ★全能活性化ツール「マインドマップ」1DAYマスターコース★
    http://www.ethos-net.com/bizpower/mindmap.html

 本日現在、残席わずか数名だけです。
 この機会をお見逃しなく!!!


 皆様が才能を発揮して、真の幸福を手に入れることを心より願って
おります。

           脳ミソ活性法の研究歴○○年 門田 由貴子




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
  ◆◆エトス Weekly Press No.46◆2007年3月20日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!

(C)Copyright 2007, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

エトス・メニュー