ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

より魅力的にパワフルに、伝える技をもつ!

   ◆◆エトス Weekly Press No.19◆2006年9月12日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
           http://www.ethos-net.com

◆目次 ****************************
 1.今週のテーマから: 「伝える技術」の最初の一歩
 2.門田由貴子より: より魅力的にパワフルに、伝える技をもつ!
 3.エトスからご案内: プロのアナウンサーに習うプレゼン技術   
 4.編集後記: ネットワークは宇宙規模?
 5.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************

 こんにちは、エトス プレスチーム 加藤和子です。

 本日9月12日は「宇宙の日」。1992年のこの日に、毛利衛さんが日本
人ではじめて宇宙飛行をしたことを記念しています。
 なるほどと思うと同時に、なんとあれから14年も経っていることに気
付いて、驚いてしまったのは、私だけでしょうか・・・。

 さて、今週も「エトス Weekly Press」とお付き合いいだければ幸甚
です。

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.今週のテーマから: 「伝える技術」の最初の一歩

 説明会や、プレゼンテーションを担当する日が続いたとき、一日の終
わりの感想は「ああ、今日もよくしゃべった」。
 でも、話を聞く側の方も、「ああ、今日もよく聞かされた」なんて、
同じようにため息をつかれていたらどうしようと、ふと思いました。
 
 どんな堅い話でも、聞く方が疲れず、理解し楽しく聞いていただける
ようにと、一生懸命考えるのですが、私が何よりも先に見直さなければ
ならないのは、「声」と「話し方」そのものでした。

 声は、自分では出しているつもりでも、首から上を使っているだけ。
いわゆる腹式呼吸の声と、「のど声」を聞き比べて、びっくりしました。

 腹式呼吸で発声した言葉には、立体感が伴い、意味がぐっと伝わって
きます。また、堂々と落ち着いて、とても頼れる印象を与えます。
 これなら、少々ハッタリが必要な場面でも通用するのでは、と(笑)。

 頭だけで話すのでなく、全身で話すこと。よりよく伝えるためには、
まず身体から、だったのですね。
 と、頭で理解しても、会得するにはまだまだ練習が必要ですが・・・。

 「伝える技術」には、他にも、さまざまな側面があります。
よりよく伝えるためのヒントを、「ああ今日もよくしゃべった〜」、
もとい、「ああ今日もよく伝えた〜」の門田より、ご紹介いたします。

                 エトス プレスチーム 加藤 和子

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆2.門田由貴子より: より魅力的にパワフルに、伝える技をもつ!

 先日、ある方のお話を聞いていたときの感想です。
 「お話の内容は素晴らしいのに、話し方で損をしているなぁ〜」。

 内容は非の打ち所なく、面白いし、ためになるお話です。でも、正直
な感想は、申し訳ないけれど「もうこの辺で勘弁して・・・」。

 さて、何がそう思わせてしまうのでしょうか?

1)声が、もごもごして、コモっているので、聞きづらい。  
 聞く側からすれば、理解するためには集中して聞かないといけないの
 で、疲れてしまうのです。

2)もごもごした話し方が、その人の印象を悪くしてしまう。
 ついつい、お話をしているその方ご自身のことを、要領の悪い、冴え
 ない、「もごもごした人」のように感じてしまう。そうなると、
「もっと教わりたい」という気持ちになりにくいですね。 

3)声に、その人のエネルギーや気持ちが乗っていない。
 よく「言霊」と言いますが、言葉や声には、その方の精神的なエネル
 ギーが乗っかって、それが聞く人に影響力を及ぼします。つまり、話
 し方や発声が下手だと、大事な気持ちが伝わらないのでしょう。
 
 勿体無い話です。
 
 ふと思えば、私も仕事柄あちこちで話をしていますが、では私の話し
方は? これがねぇ・・・(ため息)。反省材料は山ほどあるのです。
(皆さんは、とっくの昔からお気付きかもしれませんが)

 そして、周囲の人を見渡せば、話し方をちょっとだけ変えると、随分
と仕事力がパワーアップするだろうと思う方もいらっしゃいます。
 
 営業パーソン、接客業の方、企画を説明する役割、講師、コンサルタ
ント、コーチ・・・。
 
 よく考えれば、自分の考えをしっかりと伝える能力は、社会人すべて
に必要な能力でしょう。

 せっかくアイディアや意見、企画などを他人に伝えるのでしたら、
《より魅力的に、鮮やかに、正確に、情熱的に、パワフルに》伝えた
いですよね?
 そして、聞いて下さる方からも、《素敵な人だなぁ》と思われたい。

 同じプレゼンテーションをするのなら、多くの人に感銘を受けてもらっ
て、大きな影響力を発揮し、受注確率をあげたい。
 誰しもそう思うことでしょう。

 そこで、私の友人であるプロ・アナウンサーの轟さんにお願いして、
発声法に始まり、ヴィジュアル表現も含めて、【魅力的な印象を作る技】
を総合的に指導していただく機会を創っていただきました。

 轟さんは、現役アナウンサーとして多方面でご活躍されると同時に、
美しくエレガントな女性で、双子ちゃんのお母様。轟さんの魅力に触れ
るだけでも、ちょっと幸せを分けてもらえそうな素敵な方です。

 皆様もどうぞ、この機会に、プロから「伝える技」を直接指導しても
らってはいかがでしょうか?
 講義だけではなく、個人別にしっかりとトレーニングしてもらいます。

 私も一受講生として、一緒に参加させて頂きます。

       皆様と「魅力的に伝える技」を学びたい 門田 由貴子



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.19◆2006年9月12日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com 
 
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!

(C)Copyright 2006, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *     

エトス・メニュー