ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

問題解決できれば、仕事も人生も思いのままに!

   ◆◆エトス Weekly Press No.17◆2006年8月24日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
            http://www.ethos-net.com

◆目次 ****************************
 1.今週のテーマから: 「問題の問題」はどこにある?
 2.門田由貴子より: 問題解決力で、仕事も人生も思いのままに!
 3.エトスからご案内: ビジネススキル向上Part2「問題解決技法」 
 4.ブックレビュー:『ハイコンセプト 新しいことを考え出す人の時代』 
 5.編集後記: 暑さの相対値
 6.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************

 こんにちは、エトス プレスチーム 加藤和子です。

 残暑厳しい折、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
さて8月も終わりに近づいてまいりました。2週間ぶりの発行となりま
した「エトス Weekly Press」ですが、引き続きどうぞお付き合い下さい
ますようお願い致します!

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.今週のテーマから: 「問題の問題」はどこにある?

 「困っているのが問題なんだよ」と、落語みたいな台詞、実際仕事で
ポツリつぶやいた同僚の名言(迷言?)です。

 何が問題なのかわからないけど、とにかく困っている、だから問題な
のだと。
 うーん、かなり問題は深刻ですね(笑)。

 今でこそ、この台詞を笑うことが出来ますが、当時、私も一緒になっ
て腕組みして頭を抱えて、ウンウンうなっていました。
 そして、「何が悪いのかわからないことが、一番問題だなんて、
論外じゃん(若者風に)!」と気づいて、はっとしました。

 こんな状況では、考える人が何人いても解決出来るはずがなく、
地図を持たずにやみくもに進んでも、道はひらけないのと同じです。

 職場や仕事における「問題解決」は、経験を積むより、理論やテクニ
ックを学んだことが、私には大きな一歩となりました。
 自分自身の思考傾向に気づくことも出来て、一石二鳥。一生モノ
の知恵、まさに人生の羅針盤だと思います。

 「地図を読めない女」なんて、もう言わせ・・・ない?!

                 エトス プレスチーム 加藤 和子

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆2.門田由貴子より:問題解決力で、仕事も人生も思いのままに! 

 今まで、私自身も様々な研修やセミナーで勉強させてもらってきまし
たが、その中で「何が最も役に立ったか?」と問われれば、間違いなく、
こう答えます。
 【問題解決の方法】を体系的に身に付けられた事です。

 それまでは、何か些細な問題が起こると、「〜〜が悪い」「なんで私
だけ?」などと、世間や周囲の人やら、果ては神様に向かってまで、
ブツブツと文句を言っていたのですが、当然、こんなことをしても何の
得にもならない訳です。

 つまり、感情や感覚を幾ら使っても、問題は何も解決できない。
ここで、【問題解決のための思考力】が試されるのです。

【問題解決のための思考力】
 = 目的達成のために、多角的に深く明確に考えて答えを見つける力。

 私はこのように定義しています。

 「ロジカルシンキング」や「論理的思考力」などと題された本もイロ
イロと本屋に並んでいますが、はっきりいって、読んでもダメでしょう。
読んだだけで身に付くようなものではないからです。

 ロジカルに考える、論理的に考えるということは、多くの日本人にとっ
ては、第三者の指導の下で、身をもって実践してみて初めて、
「こういうことだったのか〜!」と腑に落ち、身体で体得すべき類のも
のだからです。
 
 カウンセリングやコンサルティングの場面で、私が使っている能力の
筆頭は、おそらく「問題解決力」。

 何が問題か? 問題の本質は何か? その原因はどこにあるのか?
 何をする事で、本来の目的を達成できるのか?
 これらを明確にしていって、具体的な答えを出す。これが問題解決力
です。

 カウンセリングに来られる方の多くは、失礼ですが、この問題解決力
がチョットだけ不足しているのでしょう。問題解決が出来ないから、い
つまでも問題を放置し、それがまた新たな問題を引き起こし、果ては、
お仕事から人生全体までを台無しにしてしまっている。

 皆さん充分に頭は良い。知性もある。
 でも、問題解決力の基本がチョットだけ不足しているので、ご本人の
中では、グルグルと問題が駆け巡り、頭の中いっぱいに混乱という霧が
広がってしまっているのです。

 ちょっとだけお手伝いすると、あらあらビックリ! またたくうちに、
混乱の霧が晴れていきます。
 これが、問題解決力です。

 おそらく、知的なお仕事に従事されている方の多くは、毎日、新たな
問題との格闘の連続のはずですね。この問題に正面から向き合って、そ
れを【問題解決力】という武器で打ち破れば、「仕事のデキル人」との
賛辞が得られることでしょう。
 
 特に、部下を持って、職場の問題解決が期待される方には、不可欠の
スキルです。

 現代人は誰もが、プライベート面でも様々な問題を抱えています。
健康・美容・お金・時間・人間関係・家・・・。
 これもすべて、【問題解決力】で楽々と解決してしまいませんか?

 【問題解決】ができれば、仕事も人生も思いのままになります。
  

    問題解決して、皆様の人生をハッピーにしたい 門田由貴子


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.16◆2006年8月4日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com 
   
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!

(C)Copyright 2006,  Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *     

エトス・メニュー