ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

自分の殻を打ち破るには、いつもとは違った行動を!

   ◆◆エトス Weekly Press No.6◆2006年5月29日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
          http://www.ethos-net.com

◆目次 ****************************
 1.今週のトピックス: 自分の殻を打ち破る、第一歩
 2.門田由貴子より: 自分の殻を打ち破って、自身を成長させる!
 3.御礼とご報告: JAセミナーへのお問合せ状況
 4.編集後記: 究極の健康法
 5.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************

 こんにちは、エトス プレスチーム 加藤和子です。
 緑がますます濃くなってまいりました。日中は汗ばむ日もありますが、
まだまだひんやりした風が吹く5月の最後の週、どうぞ健やかに過され
ますよう願いつつ、エトス Weekly Press No.6をお届けいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.今週のトピックス: 自分の殻を打ち破る、第一歩

 実は、初めて就いた仕事がシステムエンジニアでした。コンピュータ
業界で生き抜くための課題は、まずは「知識と技術の向上」。

 入社してまもない頃、同じ部署の優秀な人に「これさえ読めば全部わ
かる!という技術書、ないでしょうか?」とたずねたことがあります。
 彼は即答しました、「ないね!」と。
 「毎日、新聞や雑誌をチェックし続けるしかない」と。

 以来仕方なく、毎日、新聞や技術雑誌に目を通すようにしました。自
分には絶対出来ない、途方もない作業のようでしたが、習慣化するとさ
ほど煩わしくなくなりました。

 やはり人間やってみるものです。身近にお手本になる人がいたことは
大きいです。その人の持つ何かコツのようなものを、自然に学べたので
すね。

 優秀な人と時間や空間を共有する、それだけでも一歩確実に前進出来
る。あふれるパワーをもらい、自己のなかで更に高めたいと思います。

                エトス プレスチーム 加藤 和子


++++++++++++++++++++++++++++++++
◆2.門田由貴子より: 自分の殻を打ち破って、自身を成長させる!

 カウンセリングをしていて、いつも思うことです。
 人って、誰しも、自分なりの思考の枠組み・思考のクセに縛られてい
る。これから抜ける事が出来ないと、一皮向けないんだなぁ、と。

 誰もが、人として自分を成長させていきたいと願うものです。そして
同時に、いつもの自分のルール、自分の行動パターン、自分の基準の範
囲の中にとどまっていて、知らず知らずのうちに、「いつもの自分」と
いう堅い殻を、まるで鎧のようにまとってしまう。その自分で作ってし
まった鎧の重さに耐えかねて、つらい・苦しいと思う・・・。

 例を挙げましょう。

 A氏は、セミナー講師を目指して、情報収集やスキルアップに励んで
いるものの、万年「講師見習い」の立場にいて焦っています。彼自身の
オリジナルのネタがないから、いつまでもデビューできないのです。

 なぜか? 彼の行動と思考の関係を分析してみると・・・。

 彼が好んで参加する勉強会は、いずれも「参加費用が安い/無料」と
いう傾向がありました。
 常識的に考えてみればわかることですが、そういう条件の勉強会で得
られるものには限りがあります。使い古された一般的な内容か、何かの
商品を宣伝するためのもの。ここから、画期的で斬新なアイディアを思
いついたり、その場で知り合う人によって、自分を引き上げてもらうよ
うなチャンスに遭遇する確率も低いことでしょう。
 
 傍から見ていると、一生懸命に勉強して、時間やエネルギーを投資し
ている割りに、得られるものも少ない。参加費が数千円の安いセミナー
で紹介される情報は、本1冊分より少ない事さえあります。それに、交
通費や自分の貴重な時間・体力を投じているのですから、ハッキリ言っ
てムダ、非効率です。初めから家で本1冊読んだほうがお得です。

 行動と、その行動の理由となる自分の思考との関係を分析して、彼も
気付いたようです。

 そこで、一つの解決策として、「参加する勉強会は、費用が高くても
内容の濃い、有力な人が集まりそうな物を選ぶ。ただし、自己投資総額
を変えないために、参加する数を絞り込むこと」を決めました。
 その結果、次に参加した勉強会で意気投合する人と知り合い、共同で
新しいコンテンツを練り上げて、デビュー日が決まりました。

 自分自身の行動基準/選択基準を変える。
 すると、「いつも」とは異なるものが手に入り、自分を少し成長させ
ることが出来るのです。

 知らず知らずのうちに、人は、考え方や行動が「いつものパターン」
にはまってしまいがち。時には、これを意識的に破壊してみると、新し
い人生が手に入ります。

 あなたは、何を破壊し、何を新たに創造・獲得しますか?

            時々キャリアカウンセラーの 門田 由貴子



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.6◆2006年5月29日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com 
 
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *     

エトス・メニュー