ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

チャレンジは大きく。時代の最先端に触れて、自身を進化させる!

   ◆◆エトス Weekly Press No.5◆2006年5月19日号◆◆

       〜あなたの夢の実現と成功のために〜
          http://www.ethos-net.com

◆目次 ****************************
 1.今週のトピックス: チャレンジは、最高のスタートで!
 2.門田由貴子より: 時代の最先端に触れて、自身を進化させる!
 3.今回オススメの行動: 8月に最高のチャンスが訪れます
 4.サイトウォッチング: 国際人度をチェックしよう
 5.編集後記: 社内のブーム
 6.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************

 こんにちは、エトス プレスチーム 加藤和子です。

 汗ばむ陽気の日もあれば、一転して肌寒くなったりと、気候が安定し
ない時期ですね。どうぞ体調を崩されませんようお気をつけ下さい。

 さて、今週のエトス Weekly Pressでは、ご自身の殻を打ち破り、
ひと回り成長するための、具体的な行動をご提案いたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.今週のトピックス: チャレンジは、最高のスタートで!

 この「最高のスタート」という言葉で私が思い出すのは、小学校時代
の水泳競技会のことです。平泳ぎが得意だった私は、学校代表の一人と
して地区大会に出場することになりました。張り切って練習しましたが、
どんなに頑張っても目標記録に達しない・・・何故?
 それは、泳ぎは上手くても「飛び込み」が下手だったからです。

 当然ですが、好タイムは「飛び込み」に大きくかかっています。どん
なに速く泳いでも、最初の飛び込み位置で離された差を縮めることが出
来ない。結果、大した成績を残せず、わが夏は終わりました。

 この悲しい経験は、その後の人生のあらゆる場面でいかにスタートラ
インが大切かを知らされるたびに、よみがえりました。

 もしもあの時、「もっと遠くへ飛び込む練習をしなさい」と言って指導
してくれる人が、私のそばにいたら、どうだったでしょう。

 水泳に限らず、先人・経験者がくれる示唆はとても貴重です。
 ドイツの宰相ビスマルクも、「賢者は歴史(先人)から学び、愚者は
自分の経験から学ぶ」という、有名な言葉を残しています。
 何かを成し得た方はみな、先人から学ぶことの大切さをよく知って
いて、常によりよい位置から、最高のスタートを切っているのですね。

 さてこのたび、最高のチャンスがやってきます。それは・・・はい、
門田よりお知らせいたしますので、ご注目下さい!

 あの夏から○年、また飛び込み台に立てるならば、今度こそ出来
るだけ遠くへ飛び込みたいと願いながら。

                エトス プレスチーム 加藤 和子


++++++++++++++++++++++++++++++++
◆2.門田由貴子より: 時代の最先端に触れて、自身を進化させる!        

 毎週(日)夜の大河ドラマをご覧になっていらっしゃいますか?
 ついに、史上最強といわれた武田騎馬軍団も、信長率いる鉄砲隊の前
には、あっけなく打ち破られました。そして、槍の名手と言われた主人
公の山内一豊も、秀吉の頭脳戦を見て、「槍がうまいだけの武将では、
もう通用しない」と自身の能力の限界を悟る・・・。

 そう、時代は移り変わるのです。
 名手だろうが、史上最強だろうが、技術領域が時代遅れになってしま
っては、もう競争優位にはなり得ない。

 私たち、ビジネスパーソンも一緒ですね。
 大学で勉強したのは、何十年も前の知識ですから、もはや時代遅れは
当たり前。それがいつまでも通用するほど、甘い世界ではありません。
・・・となれば、常に新しい知識、新鮮なノウハウを身に付けていく必
要があります。

 殊に、マーケティングの領域は、インターネット社会となり、社会の
意識や常識の変化に伴って、そのノウハウは日進月歩の勢いで進化して
います。
 貴社では、その勢いの波に乗れていらっしゃいますか?
 当社でも、今年の夏は、世界最先端のマーケティングを本格的に学ぶ
ことに致しました。

 マーケティング戦略の世界で、世界中の企業から「グル(師匠)」と
呼ばれている人物がいます。IBM、Fedex、マイクロソフト、シティ
バンク、AT&T、リーバイスなど著名企業から個人事業主までをクライア
ントに持ち、その事業が大市場で圧倒的な成功を収めるための戦略を指
導してきた人物です。

 彼の著作や担当した事例を知れば知るほど、その大胆な発想、柔軟な
考え方、斬新なアイディアには舌を巻きます。「戦略的思考力」とは、
彼を形容するためにある言葉だと感じるほどです。
 しかも、彼の発想は、今もなお進化し続けており、世界の最先端と呼
ばれて、世界中の企業から、圧倒的な支持を得ています。
 このノウハウを、直接会って指導を受け、自社のビジネスに導入でき
るチャンスがあるのです。

 最先端を学ぶ価値を、私はこう考えます。

1)自社のビジネスを、他社より有利な地点からスタート出来る。

  F1でいえば「ポールポジション」ですね。
  当然、後ろからのスタートより、絶対にゴールまで近いわけです。

2)先人が、長い時間と多大な努力の試行錯誤の末に、やっとつかんだ
 ノウハウを、体系的にかつ短期間・低価格で学ぶ事ができる。

 つまり、時間と努力・エネルギーをお金で買うことが出来るわけです。
 お金は幾ら使っても、また稼げば取り返せますが、失った時間は二度
 と取り返せない。それを考えたら、ありがたい話です。

3)学ぶ事の必要性を熟知している、成長意欲の高い人々との出会い。

 私は、数百万円もする高額な講座に幾つも参加していますが、実は、
 これが一番の収穫です。人との出会いによって、新しいビジネスも、
 新しい発想ももたらされる。その人脈は、かけがえのない貴重なもの
 となり、投資金額の何十倍ものリターンが回収できます。
 現実的に、居酒屋で愚痴をこぼしている人より、同じ時間で世界の最
 先端を学び、将来の夢を実現しようとする人の方が断然、魅力的です。
 どちらを友人に選ぶか? 自明の理ですね。

 さて、話を元に戻しましょう。
 
 その世界最先端のマーケティングを指導するグルの名は、ジェイ・エ
イブラハム氏。
 8月に、彼から直接指導を受けられる貴重な機会が巡ってきます。

 もちろん、私も参加します。(ついでに数日、遊んできます)
 皆さんも、ご一緒に参加されませんか?

 一生の財産となる人脈と最先端のノウハウを一挙に獲得できる、絶好
の機会です。
 
 私の友人の清水さんが、この企画をご用意くださいましたので、是非、
こちらから、詳細をご覧下さい。 
http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=4952
 
              皆さんと共に進化したい 門田 由貴子


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ◆◆エトス Weekly Press No.5◆2006年5月19日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com 
   
発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *     



エトス・メニュー