ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Ethos(エトス)とは、人が生まれながらにして持っている資質・能力・倫理観など。

メールでのお問い合せ

エトス Weekly Press

行動と成果を変える、スゴイ手法が手に入りました!

   ◆◆エトス Weekly Press No.53◆2007年5月9日号◆◆

        〜あなたの夢の実現と成功のために〜
           http://www.ethos-net.com


◆《目次》***************************
 1.門田由貴子より:行動と成果を変える、スゴイ手法をご提供!
 2.エトスからご案内: 現在、受付中のセミナー/イベント
 3.編集後記: 気軽にカウンセリングにお越し下さい
 4.配信停止・送付先変更の手続き方法
********************************

 こんにちは、エトス総合受付 担当の高田です。

 ゴールデンウィークを終え、これから梅雨が始まるまでの数週間は、
汗ばむ日と肌寒い日が交互に訪れたりと体調を崩しやすい時期でもあり
ます。頭と身体に適度な運動を与えながら、バランスを保った毎日をお
送りくださいませ。

 ちなみに私、身体の運動では、アメリカではやった軍隊式ダイエット
にはまっています。動きが早すぎて全然ついていけないのですが、スト
レス解消と筋肉増強に効果的です。

 ・・これが目指す体型なのかについては深く考えないことにして、こ
れで日吉オフィスの力仕事は、一手に引き受けられそうです。

 季節の変わり目にも負けない!筋肉モリモリのエトス Weekly Press
にお付き合いください。


++++++++++++++++++++++++++++++++
◆1.門田由貴子より: 行動と成果を変える、スゴイ手法をご提供!


 皆様は、このゴールデンウィークで何を獲得されましたか?

 例えば、ご家族で旅行に行った方は、美しい思い出を。
 まとめて大掃除された方は、すっきり片付いたきれいな部屋を。
 いずれも、ご自分の努力や資本投下に対する、成果ですね。

 私は、この連休を丸々投入して、「ブレインジム」というスゴイ手法
をマスターして来ました。

 「ブレインジム」。ご存知でしたか?

 オーストラリアを筆頭に諸外国では、公立小学校やスポーツクラブで、
子供の学習障害を治したり、学習効果の促進、運動能力の向上などのた
めに、広く普及されているそうです。
 そして、大人向けには、一種のカウンセリング手法として、注目され
ている手法です。


 それは一体、何なのか? 簡単に言えば・・・。

 特定の筋肉の動きを使うことで、脳の中の大脳(左脳+右脳)、大脳
辺縁系、脳幹の各機能のバランスを調整し、望ましい行動と成果が手に
入るようになる手法です。


 他のカウンセリング手法と比べると、何が違うのか?

 論理や思考・感情を使って、その人の行動と成果を変える方法が、心
理学でいう「論理療法」「認知行動療法」などの心理カウンセリング。

 少々似ていますが、言語と脳内イメージを使って、その人の行動と成
果を変える方法が、NLP(脳神経言語プログラミング)。

 このいずれも、カウンセリングの場面で使うと、クライアントがつい
ついしてしまう「誤った行動」を、「望ましい行動」に変換して、その
クライアントの望む結果を導くために有効な手法です。

 しかし、「ブレインジム」は、簡単な筋肉運動(体操)を数十秒間し
てもらうだけなので、手足や首が動かせるなら、幼児や小学生、果ては、
寝たきりの病人にでも適用可能です。

 実際に、この技術を普及している女性は、かつて脳梗塞で全身麻痺に
近い状態になった際に、頭の中だけで体操するイメージをし続けたとこ
ろ、見事に現場復帰できたほどの効果があったそうです。

 この講習会でも、昨年に脳梗塞で倒れて、手足にまだ後遺症が残る方
が2人ご参加されていました。講師がいくつかの技法を使うことで、そ
れまでは出来なかった細かい作業が、見事に出来るように変わる様子を、
私達の目の前で見せてくれたのです。

 もちろん! 健康な人にも、目標を達成したり、問題を解決するため
に有効な方法です。


 さて、具体的には、どんな方法で使うのか?

1)初めに、その人が解決したいと思っている「問題」を明らかにしま
 す。
  例えば、「ある特定の友人に対して、ひどくストレスを感じる」
  「ついつい、お金を無駄遣いしてしまう」
  「いつも、方向音痴で困っている」
  「本を読み始めると、すぐに眠くなって困る」
  「期限の迫ったレポートに着手できずに、グズグズしている」
 などが「問題」です。

2)次に、その「問題」が発生している状況での、その人の筋肉状態を
 チェックします。
  例えば、ある動作がぎこちない。ある動作をすると、バランスを崩
 してしまう。首や手が一定のところで止まってしまう、などです。
 このとき、◎◎さんを思うと「ムカつく」とか、「怒りがこみ上げて
 くる」などの心理的変化が起こりますが、その瞬間の筋肉の動きを
 チェックするのです。

3)そして、目標を設定します。
 「私は、◎◎さんと、友好的にコミュニケーションします」など。

4)この目標の妥当性をチェックします。
 またもやここで、筋肉チェックを行います。
  ちなみに「うそ発見器」は、筋肉の動きを使った正誤判定方法です
 が、アレと同じ原理です。

5)効果的な目標が設定できたら、その「問題症状」に応じて、特定の
 「体操」を何十秒かゆっくりとしていただきます。
  ちなみに、体操は26種類ありますが、そんなに難しいものはなく、
 運動音痴の私にも、簡単に覚えられました。
  一見すると「体操」ですが、特有の筋肉運動に、脳を調整するスゴ
 イ効果が秘められているのです。

6)再度、その人の筋肉状態のチェックをします。
 わずか数十秒の体操の後なのですが、実はこの間に、脳の中のバラン
 ス調整が行われているので、明らかに、2)とは異なる動きが見られ
 ます。

7)そして、再度、目標を口に出してみると、アラアラ不思議!!!
 「問題」を抱えていたときとは、別人のように変わっているのです。

8)最後に、変化を「お祝い」して、このプロセスが終了です。



 講習会に参加した数日間で、びっくりするような「奇跡」や「変化」
をたくさん体験してまいりました。

 理論的にも、きちんとしているものです。

 実際に、講習会の参加者には、医師、歯科医師、整体師、学校の先生、
などの職業の方が多かったんですよ。

 しかも、道具や薬は使いませんので、危険も副作用もありません。

  (しいて言うと、軽い筋肉痛が・・・。日頃の運動不足ゆえ?)

 皆様の中で、もしも、次のような問題を抱えている方がいらっしゃい
ましたら、個別にカウンセリングで、このスゴイ技をご提供させていた
だきます。

 例えば・・・。
・食べ過ぎ、寝すぎ、無駄遣いなど「ついつい、◎◎しすぎてしまう」
・仕事、勉強、家事全般など「必要なことに着手できない」
・「読んだり聞いたりしても、理解できない」「覚えられない」
・「特定の状況に、不愉快・怒り・悲しみ・戸惑いを感じる」
・何かに対して「うまくできない」「上達しにくい」などの学習障害。


 私の場合は・・・。
 ついつい食べ過ぎてしまうので、その「問題」をテーマに実施してみ
たところ、自分で驚くほど、食事量が減っているんです!!!


 カウンセリングのお申込は、メールで info@ethos-net.com あてに、
【氏名、連絡先、「問題」、希望日時の候補】をご連絡下さい。


         「魔法使い」を目指して修行中の 門田 由貴子



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
  ◆◆エトス Weekly Press No.53◆2007年5月9日号◆◆
      〜あなたの夢の実現と成功のために〜

発行元: 株式会社エトス http://www.ethos-net.com

発行責任: 代表取締役 門田 由貴子
  皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております!

(C)Copyright 2007, Ethos Inc.
記載事項の著作権は当社に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

エトス・メニュー